タグ:Dapps

title

こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はDapps(分散型アプリケーション)のゲームについて紹介しています。

Dappsゲームを調べてるとき、トークンの関係で気になる単語の一つに「ERC223」があります。

ERCはEthereum Request for Comments: Token Standardの略語で、
Ethereumベースのトークンを発行するときのルールです。

もう一つ関連する単語としてERC20があります。
以前はERC20について説明しました。以下はERC20を説明した記事になります。

関連記事:ERC20とはなにか?Dappsを利用するために必要なこと

上の記事でERC20について簡潔にまとめますと、

Ethereumのトークンを実装してもそれぞれの開発者で技術面が異なっており扱いにくかった問題点を解決するルールのことでした。

さて、ERC20ではよくないのでしょうか?問題点はどこにあるのでしょうか?

  • ERC20の問題点
トークンの無秩序状態を改善するためのルールはついてはERC20で問題ありませんでした。しかしクリティカルな問題点がERC20にはあったのです。

それは、
コントラクトアドレスに誤って送金してしまったときのトークンの消滅です。


  • コントラクトアドレスとは?
Ethereumがスマートコントラクト(自動契約)の技術が利用されていることを理解していることを前提として、
Ethereumではコントラクトとよばれる契約内容をブロックチェーン上に書き込んでいます。その契約内容に割り当てられているアドレスをコントラクトアドレスといいます。
それなので、Ethereum上の通貨Etherを送金するアドレスとはまったく異なるものなのです。

  • ERC223
コントラクトアドレスと送金アドレスは全然違うじゃん!間違うわけないでしょ!
と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
コントラクトアドレスに送金するパターンはやはりあるそうです。

何事もなく実行されてしまうため、まるで送金されたかのように処理されています。
それはミスなので、返金できるようなシステムがあればよいのですが、
残念ながらERC20上では消滅してしまうのです。
消滅してしまったトークンの送金額は以下の通りです。
ERC223_lost
引用:https://github.com/ethereum/EIPs/issues/223

一番大きかった金額だけでも日本円で数億円相当のEtherが消滅しているようです。

通貨Etherの消滅は致命的な問題ですが、
これを解決したものが「ERC223」になります。

  • まとめ
ERCはコントラクトアドレスに誤って送金したときのトークンの消滅を防ぐルールでした。
Ethereumも日々改善がされていることがわかります。

ERC20を用いたDapps(分散型アプリケーション)は十分に注意するべきでしょう。

title


こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はDapps(分散型アプリケーション)を紹介しています。

今回は「CryptoArts」というDappsです。

  • CryptoArtsとは



現在のところのジャンル分類としてはコレクト系統のDappsになります。
コレクトするのは有名な画家が描いた画像をデジタル化したものです。

cryptoarts1


さてCryptoArtsがどのような差別化をしているかが重要です。
まだ開発段階ですが、なんとAR(拡張現実)に適応するようです。

  • モバイル向けのAR(拡張現実)に適応
CryptoArtsはiOSとAndroid向けにAR(拡張現実)を実装しようとしています。

アルファ版の開発は終了しているようです。
3月になるとベータ版が実装されます。
4月ではARのモバイル向けの開発は終了するようです。


AR(拡張現実)は最近もよく聞く単語になりました。
ARは現実世界にデジタルで作られた視覚的情報を表示させる技術ですね。

有名なものだと「ポケモンGO」などです。
カメラで投影された画面にポケモンがいますよね。

その技術をCryptoArtsでは歴史ある絵画で試そうという試みです!

  • リファラルキャンペーン中
CryptoArtsは現在紹介キャンペーンも開催しています。

どのように報酬がもらえるかというと、
開発者側に行く報酬の半分をもらえるという仕組みをとっています。
例えば、
絵画を紹介キャンペーンでCryptoArtsを始めた人が4 ETH で購入したとします。
そのとき本来は開発者側に6%の0.24 ETHが報酬がいきますが、
その半分である0.12 ETHが紹介したユーザーに報酬が届きます。

リファラルキャンペーンはアクティブユーザーを増やす大きな一つの大きな手段です

が、報酬が減ってしまうので実施することには大きな決断が必要です。
しかしそれを実施しようとしているので個人的には期待を寄せています!


  • まとめ
VR(仮想現実)はDecentralandと連携したイーサエモンなどがありますが、
AR向けのDappsは初めてですね。個人的には歴史ある絵画だけでなく、
現在の2次元絵なども適応してくれる嬉しいなと思っています。

またリファラルキャンペーンも開催しておりどのような方向になっていくか楽しみです!

(上をクリックスすると公式サイトに飛ぶことができます)

title

こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はDapps(分散型アプリケーション)のゲームを紹介しています。

今回も昨日に引き続きマイナーなDappsゲームを紹介第3弾です!

今回は建物や土地といった「不動産」や「領土占領」といったDappsが増えてきたので紹介します。

名前をクリックするとそのDappsの公式ホームページにいくことができます!
興味があればどうぞ~

このゲームはまだ売買と方針しか出ていないのですが、
独自の管理システムをスマートコントラクト上で構築するというもの。
コメントを入れたくなるほど注目度の高いDAppsです。







いかがだったでしょうか。
最近のDAppsはコレクト系統や購入すると価値があがるよ!というアプリケーションが多かったのですが、
不動産のようなアプローチも出始めています。

特にAetherが楽しみですね~

title


こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はDapps(分散型アプリケーション)のゲームを紹介しています。

今回はマイナーなDappsゲームを紹介第二弾です!やったー!

基本的にはTwitterの方に情報を垂れ流しなってしまっているので、
ツイート内をご確認ください。ご容赦を。

さて見ていきましょう~



URL:http://etherpaint.tk/




URL:www.cryptopepe.net/


URL:https://cryptorentcar.org/



URL:https://cryptowatches.trade/


今回はこの5つで以上となります!
もし解釈が違うぞ!って思った方はお気軽にツイッター(@VurCur)にご連絡ください~。

このように最近はDappsゲームを事細かに探していますので、
興味ある方は私のツイートをご覧ください!

  • まとめ
Dappsの最近のパターンは、
  1. コレクター系統
  2. 購入したら数%だけ価格があがるよ!売ったら儲けるかもね!
が多いですね。売れるかどうかは需要と供給を考えると別問題なんですけども…。
どうなんでしょう?

もちろんこれらは投資として考えられるので、
上記のDappsを利用する場合は自己責任でお願いします!

title


こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はDapps(分散型アプリケーション)のゲームについて紹介しています。

今回はイーサクラフトです!アップデート関連の記事が開発者が出していたので記事にしました。


  • 無料アイテムが1日だけ配布!聖パトリックの祝日を記念


現在無料アイテムが3月18日13時(日本標準時)まで配布されています。

free_item
(2018年3月17日8時時点)

しかもレジェンダリーアイテムで、クラフティングに使えるかもしれないというアイテム。

アイテムは複数回取引できるので、
たくさん手に入れるとご利益があるかもしれません!

ぜひこの機会に手に入れましょう!


なぜ今日無料アイテムを配布しているかというと、
3月17日は聖パトリックの祝日(St Patrick's Day)だからだそうです!

聖パトリックの祝日とはなんぞや?と思うかもしれません。

聖パトリックの祝日とはアイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日なのです。
カトリックの祭日であって、アイルランド共和国の祝祭日となっています。
日本でも聖パトリックの祝日のイベントはあるようです!

wikiにも書かれていますので聖パトリックの祝日に興味ある方は調べてみてください~

  • 中国シーズンの延期


中国由来アイテムが3月17日16時(日本標準時)と告知されていましたが、

3月24時2時(世界標準時)
3月24日11時(日本標準時)


に延期になりました。

これからも開発者の方々を応援したいですね~



イーサクラフト公式:
URL:https://ethercraft.io/#

Discord(日本コミュニティもあります!)
URL:https://discord.gg/wStHTD

↑このページのトップヘ