タグ:仮想通貨

title


こんにちは!すの(@VurCur)です。

Amazonの商品をビットコイン(BTC)もしくはビットコインキャッシュ(BCH)で購入すると最大33%の割引で購入できるpurse.ioというサイトを発見して驚愕しました。

2018年6月にトランザクション手数料が安いビットコインキャッシュで取引できるようになったため少し話題にあがったのがきっかけでした。

purse.ioは厳密には「できるだけ安くAmazonの商品を買いたい人」と「仮想通貨が欲しい人のマッチングサイト」です。

それなのでpurse.ioの性質上、取引が成立するのは15%の割引ぐらいですが、十分すぎます。

例えば以下のような感じです。
2018-09-15 (11)


なぜ今まで知らなかったのか正直後悔しています…。ぜひ皆さんも使ってみてください。


さて、purse.ioはビットコイン(BTC)もしくはビットコインキャッシュ(BCH)をウォレットに持っておく必要があります。

そこでよく使用されるウォレットがBitcoin.comだそうなので、使い方を紹介します!

ものすごく簡単なのでご安心を。



Bitcoin.comとは?


Bitcoin.comはビットコインに関する情報を提供しているサイトです。

例えばビットコインのニュースの閲覧、コミュニティの参加、マイニング、取引、ウォレットの管理などがあります。

なお、この会社の創立者およびCEOはビットコイン、 ビットコインキャッシュ界隈では有名な「ロジャー・バー」氏です。

2011年からビットコインに投資をし始め、仮想通貨関連企業に投資しているようなので仮想通貨の資産は尋常ではないはず…。


Bitcoin.comではビットコイン、ビットコインキャッシュに関する様々な情報があるので、
この記事ではウォレットのみについて言及していきます。



Bitcoin.comのウォレットの使い方


1.ウォレットのダウンロード

まずはウォレットをダウンロードしましょう。
PC向けであれば、Windows、Mac、LinuxのOSにインストールできますし、
モバイル向けであれば、App Store、Google Playからダウンロードできます。

Bitcoin.comのウォレットのダウンロードサイトはこちら


またここではAndroid向けの画像で解説します。

Google playでのBitcoin.comのダウンロードはこちら。
Google Play で手に入れよう

2.復元コード によるバックアップの作成


ウォレットをダウンロードした端末が故障・紛失した場合、その端末のウォレットに入っていた全残高は消失します。

そのため、いきなり仮想通貨の受取をしようとすると以下の画像のように「バックアップを作成してください」と言われて止められます。

Screenshot_20180914-140613



まずはバックアップを作成しましょう。

バックアップは12個の日本語の単語を並び替える復元コード形式です。

※必ず用紙などに書き込んで厳重に保管しておきましょう!

バックアップ手順は、
  • 復元コードのメモ、保管
  • 復元コードの確認
となってます。

手順に従い、バックアップを完了させましょう。

完了したら以下の画面が出てきます。

Screenshot_20180914-141207


これで最低限のウォレットの使用が可能です。

3. アプリをPINでロック(任意)


必須ではありませんが、PINコードを設定できます。

ただし、ビットコイン、ビットコインキャッシュのバックアップを作った後に作成可能なので、
二つの仮想通貨のウォレットのバックアップを先に完了させましょう

手順を説明します。

初めに下のバーにある歯車マークの「設定」を選択します。

次に「アプリをロックする」を選択。

Screenshot_20180914-143717


すると、無効になっていますので「PINでロックする」を選択します。

PINコードを入力する画面が現れるので任意の番号を決定しましょう。

これでPINコードの設定は完了です。



まとめ


わたしの場合は、purse.ioで使用するためにBitcoin.comのウォレットを使用しています。

ただ他にも様々な用途で使用できると思います。

ウォレットのアプリケーションとしてはかなり使いやすいので、今後いろいろビットコイン、ビットコインキャッシュを利用したいという方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

title


こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

今回は日本発のブロックチェーンカードゲームの「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」について紹介します!
2

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは?

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは日本発のブロックチェーンゲームの一つで、ブロックチェーン技術を利用したカードゲームです。

またクリプトスペルズは「CryptoGames.inc」とよばれる日本発で世界を代表する仮想通貨ゲームをつくる方針の会社が運営しています。

βリリース時には300種類程度のカードゲームの発行が予定されています。発行開始としては結構多めかなと思ってます。

このカードゲームでは
  • 入手したカードのトレード
  • カードの発行枚数の可視化
  • 賞金付きのゲーム大会の定期開催
の3つが注目されています。

1


特にカードの発行枚数の可視化はブロックチェーンの性質が現れており、カードゲームにブロックチェーンを導入するメリットをクリプトスペルズは示してくれています!

なぜブロックチェーンとカードゲームなのか?発行枚数は新たな可能性

カードゲーム


ブロックチェーン技術を利用するとデジタル資産に価値がつくので、資産自体に個数が制限されます

もし価値がなかったら、ただのデータなので無限にコピーできてしまいます

クリプトスペルズのようにカードゲームを例にとると、カード一枚に発行枚数を制限します。
発行枚数が多ければ多いほど、そのカードの価値は下がります。誰もがたくさんそのカードを持っていることを意味することと同じです。

逆に発行枚数がとても少なかったとしましょう。1枚とか2枚とか。
希少性が高くなるので、そのカードの価値が高くなります

カードゲームをお店とかで購入したことがある方ならわかっていただけると思うのですが、
レアカードって単体で買うと高いですよね?あれは希少性を表しているからです。
上記のことは紙に印刷したアナログのものでしたが、ブロックチェーン技術を用いればデジタルデータとしてそれを再現できるのです!

クリプトスペルズではそれが再現されているのです。従来のカードゲームをコンピュータに移植したイメージですね。

クリプトスペルズの最新情報

クリプトスペルズはまだ開発中のブロックチェーンゲームです。

カードゲームはブロックチェーン技術と相性があっていると考えられるため、注目したいところです!

興味を持たれた方は以下から情報を追ってみましょう!

Twitter:https://twitter.com/crypto_spells

Facebook:https://www.facebook.com/Crypto-Spells-170633786978813/

クリプトスペルズ 公式

CryptoGames.inc 公式

title

こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

ブログ界隈ではSteem(スティーム)ALIS(アリス)でブロックチェーン技術が注目されていますね!

今回は日本発でもあるブロックチェーンを用いたソーシャルメディア「LuckyMe」について紹介します。

LuckyMeとは?

LuckyMeとは株式会社Good Luck 3が開発しているブロックチェーン技術を導入したソーシャルメディアです。

LuckyMe」は良質な記事と良質な評価に対して報酬として、独自トークンのLUCKCOINが付与される仕組みです。

簡単にいってしまうと従来のブログにブロックチェーン技術が組み込まれているようなイメージですね。


luckymelogo

ソーシャルメディアの今までの課題は、
  • 検索エンジンやSNSといった、一部の人の評価で決まってしまう
  • 良質な記事が評価されにくい
ということが挙げられています。

検索エンジンは例えばGoogleが用意しているアルゴリズムで決まってしまいますから、そのシステムはブラックボックス状態です。
SNSもインフルエンサーの信頼による拡散により決まってしまいます。

つまり、一般の人が記事を評価できないという状況があります。

そして、良質な記事を投稿したにもかかわらず評価されない投稿者にも不利益な状況です。


この課題を解決する技術となろうとしてるのはブロックチェーンです。

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはSteemとALISが有名になりましたが、
今回紹介するLuckyMeにも注目したいところです!

LuckyMeと他のソーシャルメディアとの違い

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはすでにリリースされたものがいくつかあり、差別化は重要なポイントです。


一つは、さまざまなメディアへ組み込むことができるように設計しているようなので、
LuckyMeのLUCKCOINはあらゆるメディアに浸透して、経済圏を広げるであろうとされています。

あと、わかりやすい違いは、
Steemでは用いられる暗号通貨はSteem、Steem Power、Steem Dollarsの3種類あることが非常にややこしいことです

Steemではそれぞれ別の用途で扱われていますが、正直ユーザーにとってはあまり関係のないことだと思います
よりシンプルに取り扱うほうが、参入者にも易しいです。

そしてすでにリリースされたブロックチェーンが用いられたソーシャルメディアのALISとの差別化が日本に広がるカギを握っているはずなので、これからもLuckyMeに注目したいところです。

株式会社Good Luck 3とは?

Good Luck3はスマートフォン向けアプリの共同開発などを行っている株式会社です。



またLcukyMeのようにブロックチェーン技術にも注目しているようで、

LuckyMeと同様に注目すべきなのが、ブロックチェーンゲームである「くりぷ豚」です。

000


くりぷ豚については以下の記事で紹介していますのでご覧ください!
関連記事:日本発のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」とは?

LuckyMeの最新情報

LuckyMeも現在開発中です。興味をもたれた方は以下から入手してみてはいかがでしょうか。



title

こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」といいます。

今回はブロックチェーンゲームの一つである「Crypto And Dragons」を紹介します!

Crypto And Dragonsとは

Crypto And Dragonsとはイーサリアムのプラットフォームとしたブロックチェーンゲームの一つです。

ゲームの内容としてはモンスターをコレクトしして、育成して軍団を作り、他のプレイヤーとダンジョンを奪い合います

またイーサリアムの通貨イーサの使いどころとしては、購入したモンスターの売買に利用されます。

何よりこのドット絵がいいですよね!わたしはツクールゲームを思い出しますが、ドット絵世代のゲーマーの方たちもたまりませんよね!


demodungeon


monster1


一見すると、レトロチックなゲームですが、最先端のブロックチェーン技術が使われているギャップがすごい。

デモプレイをしてみました!

2018年5月4日現在では、戦闘のデモプレイが可能だったので、プレイしてみました!

最初にモンスターで構成するチームをカスタマイズします。

そのあとに敵との戦闘が自動的に進みます。戦略を考えるタイプですね。

demo1

demo2

cryptoanddragons




トークン「DTT」とは

また独自トークン「DTT」も利用されます。DTTはDragonTreasureTokenの略ですね。

DTTはダンジョン内で得た財宝の価値を表すトークンです。



トークン「DTT」がAirDrop中!

Crypto And Dragonsのトークン「DTT」がAirdrop中です!

Telegramの方でAirdropの受け取り方が公開されているので、
受け取り方が知りたい方はTelegramに参加してみましょう~


Crypto And Dragonsの最新情報を手に入れよう!

Crypto And Dragonsは現在も開発中です。最新情報が知りたいという方は以下から知ることができます!





title
こんにちは「すここのこ(@VurCur)」といいます。

日本初のブロックチェーンゲームの企画が続出してきました!日本語は安心しますね。

今回は現在開発中のスマートフォン向けブロックチェーンゲーム、「くりぷ豚」について調べてみました!

公式による紹介は以下にあるのでご覧ください!
URL:http://www.gl-inc.jp/news/archives/195

くりぷ豚とは?

000

「くりぷ豚」とはくりぷトンと呼ばれるぶた?のような不思議な生き物で、プレイヤーはくりぷトンを手に入れて2匹を「お見合い」させることにより新種のくりぷトンを手に入れることができます

これを類推されるコンテンツといえば、CryptoKittiesですね。日本人向けということで差別ポイントです!

お見合いによる新種のくりぷ豚の種類は3京6000兆通りだそうです。無数といって問題ないでしょう。

公式からの動画も公開されています。百閒は一見に如かず。


アニメーションなども用意されており、一般受けしそうな気がしています。

ぜひブロックチェーンゲームを知らない方々を驚かしてほしい!

くりぷ豚を開発している株式会社Good Luck 3とは?そしてメディアプラットフォーム「LuckyMe」についても注目

くりぷ豚を開発している会社はGood Luck3と呼ばれるスマートフォン向けアプリの共同開発などを行っている株式会社です。
ゲームアプリとしては「エアリアルレジェンズ」、「さわって!ぐでたま ~しょうゆましまし~」「さわって!ぐでたま」があります。
スマートフォンゲーム市場に理解があるようで、ブロックチェーンゲーム、流行ってほしい!

メディアプラットフォーム「LuckyMe」とは

またブロックチェーン関連としても力を入れているようで、
メディアプラットフォームの「LuckyMe」がくりぷ豚同様に注目したいところです。


luckymelogo

LuckyMe」は良質な記事と良質な評価に対して報酬として、独自トークンのLUCKCOINが付与される仕組みです。

これは一見するとALISやSteemと同じ仕組みになりそうですが、差別化をしようとしている記載もありました。

公式によるLuckyMeの説明もMediumで説明されているのでご覧ください!


LuckyMeはまた別の機会に紹介したいですね!

LuckyMeホームページ


くりぷ豚の最新情報

この記事ではくりぷ豚を中心に紹介します。

くりぷ豚は現在開発中ですが、TwitterやFacebookで情報が発信されています。

日本発のブロックチェーンゲームはぜひ注目したいところですね!

↑このページのトップヘ