タグ:ブロックチェーン

こんにちは!「すの@VurCur)」です。

ブロックチェーンゲームをプレイしていると、一般ユーザーがプレイするには難しい単語がたくさん出てきます。

特によく見るのは、dAppsという単語ではないでしょうか。読みもよくわかりませんよね。

でもブロックチェーンのアプリケーションを利用する上ではdAppsはかなり重要な単語です。


この記事ではdAppsとは何かを解説します!

dAppsとは何か?その定義は。

dAppsはDecentralized Applicationsの略です。

分散型という意味のDecentralizedの頭文字"D"と、アプリケーションの"app"に複数の"s"を付けた単語です。

日本語では分散型アプリケーションといいます。

Dapps、DApps…、と行った表記も見ますが意味は崩れないのでどれでも問題ありません。
dAppsの表記をよくみるので、わたしはdAppsを採用してます。

あと読み方は「ディーアップス」もしくは「ダップス」です。
これもまたどちらでも問題ありません。


それでは分散型アプリケーションの定義はなんでしょうか??

dAppsに投資するDavid JonstonのVCファンドによる定義[1]を採用します。
①アプリケーションは、オープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。トークン、データ、レコード、などにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

②アプリケーションは、オープンに流通可能な、暗号トークンを持っていること。アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者には、そのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

③アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善は、ユーザーのコンセンサスによること。

とはいえ、初めてブロックチェーンゲームを触ってみたという方には難しいですよね。

慣れないうちは「ブロックチェーンを使ったアプリケーション」ぐらいでいいかなと思います。

もう少し正確にいえば、「ユーザーによって分岐することが可能なアプリケーション」と解釈するとよいそうです[2]。

dAppsの例、ビットコインもその一つ

dAppsの例としてよくいわれるアプリケーションがビットコインです。

ビットコインは根幹にあるブロックチェーン技術を用いて作られた通貨で、ビットコインキャッシュといったものに分岐してます。

folk

それなのでdAppsはかなり広い意味であることがわかると思います。

ブロックチェーンゲームでのdAppsの例

正確に言った方とは理解しがたいかも知れません。でも広い意味でブロックチェーンを使ったアプリケーションをdAppsというならば、ブロックチェーン技術が使われたゲームはすべてdAppsであるといえます!

ブロックチェーンゲームのことをdAppsゲームという方もいますが、意味は同じですね。

一つ例にとれば、初のブロックチェーンゲームとして有名なCryptoKittiesです!

cryptokitties


このゲームは仮想通貨イーサリアムのプラットフォームで動き、スマートコントラクトとよばれる自動契約の技術によって仮想的な資産の売買などができます。

現在でも多くのブロックチェーンゲームがこの形式をとっています。


dAppsはゲームに限らず、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションならばかなり広い意味で用いられることがビットコインの例からもわかります。

dAppsの定義は難しいですが、ゲームといったdAppsを実際に触ってみてそのすごさを実感するのが一番だと思います。



引用:
[1]DAPPS (非中央集権・分散型アプリケーション)とは何か?なぜ重要か?
[2]【解説】「dapps」の定義とマネタイズ事例を淡々とまとめるよ。

title

こんにちは「すここのこ」といいます。

今回は今書いている有料noteの抜粋です!

  • ブロックチェーンゲーマー
ブロックチェーンゲームは新たなゲームのジャンルとして登場しつつあります。

わたしはゲームでお金を得る人を大きくわけて、
「ゲーム実況者」、「プロゲーマー」そして「ブロックチェーンゲーマー」
としました。

さて本題です。

ブロックチェーンゲーマーは「ゲーム実況者」や「プロゲーマー」とは全く異なり、

影響力を持たない人でも、お金を稼ぐことができるという点が核心であり革新であります(笑っていいのよ)。

しかもブロックチェーンゲーマーは「ゲーム実況者」と「プロゲーマー」のどちらにもなれるのです

なぜならブロックチェーン技術を利用したゲームシステムを利用しているだけなので、

「ブロックチェーンゲーマー×ゲーム実況者」


や、

「ブロックチェーンゲーマー×プロゲーマー」

を実現することができます。


この二つを考えてみます。

上記二つの組み合わせはあくまでできるだけです。

良し悪しはいっていません。

ブロックチェーンゲームを利用したゲーム実況者は少しリスキーだと思います。

しかし、拝金主義のままでブロックチェーンゲームをプレイするゲーム実況者は非難を浴びるかもしれません。

世間から拝金主義の脱却。これがポイントになると思います。


ただ後者のブロックチェーンゲームを極めるプロゲーマーのすごさは未知数です。

だって、ゲームでお金を稼ぐことに特化するんです。なんてこった。


今ゲームが得意な人は、ここで能力を発揮するかもしれません。

現在はゲームする人は非難されます。
それでもゲームしている人には熱心な人です。

わたしは、ゲームについては得意になったほうがいいとアドバイスしたことがありますね。

ただ惰性でゲームをやる人はブロックチェーンゲームに飲まれます。

だから気軽にブロックチェーンゲームしてみよう~、なんてやってしまうといつの間にか残高が減ってたりと…、


ブロックチェーンゲーマーは真剣に勝負してます。


  • 有料note呼びかけ
まだ投稿はできていませんが、近々有料noteを出します!

目次は以下の通りで、これは第3章の「ブロックチェーンゲーマー」にあたる内容です。

タイトル:ブロックチェーンゲームから見るゲームの将来を考える

目次
第1章 現在のゲーム
  • わたし自身のゲーム歴
  • 今までのゲームの世間的なイメージ

第2章 ブロックチェーン
  • ブロックチェーンの概要
  • dApps: 分散型アプリケーション
  • スマートコントラクト
  • ブロックチェーンゲーム
第3章 ゲームの変化時代へ(世間イメージ)
  • 資本主義と価値主義
  • ゲーム実況者
  • プロゲーマー
  • ブロックチェーンゲーマー
  • ゲームの「浪費」からの脱却

第4章 ゲームの変化時代へ(開発イメージ)
  • ERC721
  • コラボで実現するゲームのリスクヘッジ

第4章 現在のブロックチェーンゲームの動向
  • 今は準備期間
  • ブロックチェーンゲームのジャンル
  • ゲームの投資ジャンル

第5章 ゲームと生計の両立を考える
  • 一般プレイヤーでもお金は手に入れられる
  • ゲームで生計を立てられるか

第6章 質問枠

わたしのnoteURLは以下の通りです。

https://note.mu/sukokonokodayo

どうぞよろしくお願いします!

title

こんにちは「すここのこ」です。

ブロックチェーンがゲームの考えを破壊してるので、考えを整理します。

シリーズものになるかな?ほとんど文字です。

  • 導入
この記事でいうゲームは、
ここでは「テレビゲーム」といったディスプレイに投影してコントローラーで人間が操作するようなゲームを指します。

さて、
仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーン技術が通貨や金融分野以外の多様なものに応用されています。
これをブロックチェーン3.0といいます。

ちなみに、
ブロックチェーン1.0はビットコインといった通貨にブロックチェーン技術です。
ブロックチェーン2.0は通貨以外の金融分野に応用することです。

わたし自身はブロックチェーン技術の応用の一つとして「ゲーム」に注目しています。

「CryptoKitties」をはじめとしたブロックチェーンゲームが登場し、
ゲームの概念を「浪費」から変化させたように思えます

もしかしたら一般プレイヤーでも生計を立てられるかもしれません。

  • わたしのゲームとの付き合い
共感をもっていただけるようにわたしのことも少し。

わたしも小さい頃からゲームをしていました。
はじめてのハードウェア機器はPS2です。世代がばれますね。

ただちょっと語弊があって、
パソコンはすでにあったので、自分はパソコンが初めてのゲーム機といった方が正確です。

ダイソーの100円の「ザ・ゲームシリーズ」とか知ってますか?
あれやってたんですよね。子どものお小遣いで買えるし。

もうダイソーの店舗からは消えてるのが悲しいです。こんな記事書いてたら涙でますねw

あと、それからもパソコンに熱中していたのでオンラインゲームとかに没頭しすぎましたw

知っている人は知ってるかなー。
NEXONが運営する「アラド戦記」がめちゃくちゃ面白くてはまってました。

FPSジャンルのゲームも相当やってました。

要望があればTwitter(@VurCur)なりでもっとお答えします。

  • ゲームの「浪費」からの脱出。遊びで稼ぐ時代。
当時のゲームのイメージは最悪でした。

「学力が下がる」「引きこもり」「ゲーム脳」

ゲーム脳という言葉は「ゲーム脳の恐怖」という著書から流行った言葉らしいですね。
ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)
森 昭雄
日本放送出版協会
2002-07-10



本から流行ったって知ってました?もう死語ですけども…。


ゲーム脳になるとか、学力が下がるとか、
そこは全然本質じゃありません。

結局そのような言葉をいってた人は、

目に見えるような生産的なことをしろ!
もしくは、
「浪費」だけの行動は慎め!


ということを示唆していたのではないでしょうか。

この発想は、
「努力して収入を得ることが美しい」という拝金主義からきているように思えます。

けれども生産的でないゲームを止める指摘は正しいとも思えます。

なぜなら先ほども述べたようにゲームは浪費的だったのです。


でも時代は変化しました。

ブロックチェーン技術をゲームに応用することで
一般プレイヤーもお金を手に入れることが可能になったのです。

これは遊びでお金が手に入れられるということです。

決してそれは美しくはないでしょう。
でも客観的に見ても時代がそうなっているのです。


ただゲームで生計を立てるところまではまだ来ていないように思えます。

でもMMORPGなどの大規模なブロックチェーンゲームが登場すれば、
もしかしたらゲームで生計を立てることもできるようになるかもしれません。

  • まとめ
少しずつ書いていくのでこれぐらいでまとめです。

ブロックチェーン技術をゲームに導入することにより、
一般プレイヤーがゲームをプレイして、対価が返ってくるようになりました。

これはゲームの「浪費」という考え方から脱出としています。

人によってゲームをすることは美しくないかもしれませんが、
イメージは確実に変わるでしょう。

わたしも含めてそのイメージをしっかりとつかみ、
今後の時代に乗り遅れないようにしたいですね。

title


こんにちは「すここのこ」です。

最近閲覧権、所有権といった数に限りがある権限に注目しています。
これはブロックチェーン技術と非常に相性がいいんですよね。
今回利用したのは「とーくんぺーじ」。
下記でも述べるのですが、

「とーくんぺーじ」とは、
特定のトークンを持っている人のみが閲覧できるページを作成することができるコンテンツです。
URL:https://token-page.com/home

さて何がよいのか少し考えてみます。
  • とーくんぺーじ
上記でも述べましたが、
とーくんぺーじは特定のトークンを持っている人にしか閲覧権が与えられないようなページを作成することができるコンテンツです。


自分も上ツイートの某インフルエンサーの紹介の元、Yu Kimura氏(@ltd_exp_kyu)の
ブロックチェーン時代の貨幣論と記事を読ませていただいていただきました。

URL: https://yu-kimura.jp/2018/03/07/monetary-theory/




内容はもちろんここでは明かせません。(そわそわ)
この内容を1XEMで公開できるのはすごいです。

内容が知りたい方は、
上記のURLから閲覧権のもらい方が書かれているので試してみて下さい!(そわそわそわ)

ただ現在のところ「とーくんぺーじ」は、
NEMかMONAを持っていないとログインできないというのが壁になりますね。


さて、とーくんぺーじの何がよいのかまだ述べていません。
少し考えてみます。
  • アナログとデジタルの権限数
ここでアナログとデジタルでの権限の違いを考えてみます。
例えば従来の印刷された本を考えましょう。こちらはアナログですね。
その本は発行された部数だけ、ユーザーに売却可能です。
またその本は発行枚数を限度としていくつも購入することが可能です。
「読書用」
「保存用」
「観賞用」
といった具合に。いやーこの買い方は常識にとらわれていない感じが好きです。
そして「読書用」を使い終わった後は「中古」として販売することも可能です。

これらは発行枚数という「所有権」を数値で決定した時点から可能なアイデアです。

ここで電子書籍といったデジタルで比較してみます。
デジタルは劣化しないといった特徴があるため、「コピー」ができます。
そのコピーされたものはオリジナルと区別がほとんどわかりません。

それなのでこれまではデジタルは「権限」を生成することが不向きでした。
それに中古販売も難しいです。

しかし登場したのはブロックチェーン技術です。
この技術のおかげで、これから「所有権」「閲覧権」といった権限がデジタル上でも可能になるわけです。
「とーくんぺーじ」ではトークンを配布するという形で所有権を得ることができました。

  • まとめ
とーくんぺーじであれ、
デジタル的な権限が広まってくれればディベロッパーとユーザーの両者にメリットがあるような技術が広まればいいなと思っています。
ここ数年はまだ世間に理解されるのには時間はかかると思っていますが、
この分野には積極的なアタックを見せたいですね。

d71ee4876e72bc3c5998480129bf6e2e
出典:https://medium.com/@myetheremon/etheremon-decentralized-world-of-ether-monsters-a4f355971ea2

Dapps(分散型アプリケーション)上でプレイできるゲームを紹介しています。
今回は、

ETHEREMON(イーサエモン)

です。
ときどき新情報の記事は公開してたのですが、まとまった記事を出していなかったので、改めて紹介します。

イーサエモンは、かの有名なゲームコンテンツのポケモンをブロックチェーンに搭載したゲーム。
自分としては新作のポケモンを体験してる感覚ですね~

日本語もすでに対応しているので日本人の方もぜひプレイしてみてください!


  • イーサエモンとは?
イーサエモンと呼ばれるモンスターを捕獲、交換、進化などを通して戦闘を行わせるブロックチェーンゲームです。
日本のDapps界隈ではかなり有名になりつつあります。今後も注目したいところです。

イーサエモンが今日までのゲームと異なる点として、

  1. イーサエモンをトレーニング
  2. イーサエモンの売却

をすることにより「EMONT」と呼ばれるERC20上のトークンが入手できます。つまり価値があるデータを取引が可能なのです。

ERC20については以下の記事をご覧下さい。



今までは情報に価値を与えることは困難でしたが、
Ethereumのスマートコントラクトの技術によりデジタル的な価値を持つものに所有権を持たせることにより可能になりました。
今後もスマートコントラクトを利用したDapps(分散型アプリケーション)が続々と増えていくでしょう!

  • イーサエモンについて
イーサエモンはイーサエモン上のモンスターです。
購入する場合、おおよその平均で0.1ETHとかなり高価で、投資として始める方はかなり多いようです。

無料配布されているイーサエモンがいるので、試してみるのもよいかもしれません!
free_etheremon


現在のところイーサエモンは、
1.イーサエモンを入手(捕まえる、取引する、産卵)
2.戦闘させる(ジム、攻城戦)
の2つが主流です。

イーサエモンをプレイしたレポートは次にまとめていますのでご覧下さい!



  • イーサエモンを始めよう!イーサエモンを始めるのに必要なもの

イーサエモンを始めるには次のものをインストールする必要があります。
Ether(イーサ): イーサリアムプラットフォーム上の通貨
MetaMask(メタマスク): Etherのウォレット(お財布)

Etherは仮想通貨を持っている方ならおなじみです。
念のため書くと、
通常の入手方法なら仮想通貨取引所(Zaif, Bitflyer etc...)から入手できます。

MetaMaskは初めての方にはちょっとハードルは高いかもしれませんが、
導入すればそれほど難しくありませんし、今後Dappsを利用するうえではかなり便利なツールです!

導入方法は以下に書いていますのでご覧下さい!




  • コミュニティに参加しよう!
イーサエモンの最新情報はツイッター、Discordなどで閲覧できます。
開発状況を追ってみませんか!?

Twitter: https://twitter.com/myetheremon
Discord:https://discord.gg/JfX7Mu

  • まとめ
Dapps(分散型アプリケーション)は今年は大きく発展する分野となるはずです。特にイーサエモンは日本から見たときにポケモンなどがあることを背景に出だしが非常によいブロックチェーンゲームとなりました。
ただイーサエモンは一体おおよその平均で0.1ETHと高価で、ほぼ投資の要素がかなり強いです。
始める場合は自己責任でお願い致します。


イーサエモン公式はこちら!

イーサエモン公式ガイドはこちら!

↑このページのトップヘ