カテゴリ:ゲーム > ブロックチェーンゲーム

title


こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームについて紹介しています。

今日は「イーサクラフト」、そして「ChainMonsters」です!

今回は以下の記事を参考に書いております。

  • イーサクラフトが複数連携の動き、何が起こる?






イーサクラフトが複数のブロックチェーンコンテンツとの連携の動きをしています。

今回公開されたのはChainMonstersとHashWorldですが、

この記事では特にChainMonstersについて書きます。


公式から借りている画像ですが、
イーサクラフト側でChainMonstersのモンスターの姿が!

1 PpnZZsY5HHYdLuyKti0Igg


このようにイーサクラフトとChainMonstersが連携することが決まったようです。

※上画像はChainMonstersの記事からお借りしていますが、
まだわたしの方では連携できていなかったので中国シーズンのアップデート同時にできるようになるのでしょうか。

あと、今回はイベント的なことらしいのでコラボということになりますね。



ただ、今回のイーサクラフトとChainMonstersとの連携で、
ブロックチェーンゲームは、技術的な連携がしやすいことがわかります。
それなので、次のことが考えられます。

  1. ブロックチェーンゲームはコラボ(クロスゲーム)が実現しやすい
  2. コラボの決定から実現までの期間を短縮できる
  3. 似たブロックチェーンゲームは合同してゲーム開発ができるようになる

これらが明白になったことが大きいです。ブロックチェーン技術の未来を感じます!

  • ChainMonstersはどんなゲーム?
ざっとChainMonstersを紹介。また改めて記事を書きたいと思います!

ChainMonstersはドット絵時代のポケモンにスマートコントラクトを導入したゲームです。

2



20180328_4


移動や戦闘システムはそっくりそのままですが、
dApps(分散型アプリケーション)を用いていることがポケモンと大きく異なります。

ただ現在はCyrptoKittiesとの連携もあるようで、
CryptoKittiesのあの猫をバトルに使うことができるようです!

neko


イーサクラフト、ChainMonstersに興味を持たれた方は体験してみましょう!

title


こんにちは「すここのこ」です。

最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームについて紹介しています。

今回は「Crypto Racing League」です。

前回も一度紹介してますので、概要が知りたい方はこちらをご覧ください~

関連記事:【Crypto Racing League】カーレース好きは必見!カスタマイズ豊富のレースゲーム!


  • 自動車とタイヤがほぼ無料配布中!けど。
現実の自動車とタイヤではないですよ!




ということで、現在は自動車「Rusty Junker - T1」とタイヤ「Basic Tires - T1」がほぼ無料でゲットできます。

必要なのはメールアドレスとMetamaskのみですね。

crl_free



期限など公開されていないので、入門用でしょうか?

ただ「ほぼ」無料と書いているのは、
実際は0.001 ETH だけ出費があったので、

うん?って思ったためですね。

001eth


ちょっと心配。

・アイテムの入手方法はガチャ方式!Crypto Racing Leagueの動画が公開
YoutubeにてCrypto Racing Leagueの動画が公開されました。


youtubeで見る

ガチャ方式でしたね!

まあ自分の好きな部品を選べてしまうと、ETHの力でレースに勝てるでしょうからしかたないかも。

  • 2018年5月初旬にレース開始?
crl_countdown

(2018年4月3日14時撮影)

in-oppというのがいまいち理解できてないのですが、
カウントダウン後にレースが始まるようです。

レースゲームはCrypto Racing Leagueの重要な要素だと考えているので、
どうなのか見ておきたいですね~

Crypto Racing Leagueを見る

title
こんにちは「すここのこ(@VurCur)」といいます。

とうとう来ました!日本人向けdApps!

クリプト陣取り」というゲームです。

cryptojindori


公式からのガイドもあるのでそちらもご覧ください。


Medium : クリプト陣取り


クリプト陣取りとは

このゲームは「日本全土」「地方」「都道府県」「城」といった領土が購入できるコレクト系統のブロックチェーンゲームです。

もちろん題名の通り、「陣取り」ゲームなので、購入した領土が他の誰かに購入されることもあります。

ただ他の誰かが購入するときは価値が上昇し、前に購入した人に利益が出ます。

例えば、プレイヤーが0.1 ETH で領土を購入し、誰かがその領土を購入すると、購入した価格の10%が利益となります。
それなので、0.01 ETH が元領土主の利益となるんですね!

しかし面白いのは次なんです。

購入できるのは、「日本全土」「地方」「都道府県」「城」

の4つの種類ですが、右になるほど規模が小さくなっていますよね?

例えば「日本全土」を購入しているとしたとき、他の

「地方」「都道府県「城」

が取引されると1%の利益が得られるのです!

これは規模が一番小さい「城」以外の「地方」「都道府県」も同様で、
例えば「四国地方」を購入していると、「香川県」「徳島県」「愛媛県」「高知県」が取引されるたびにその1%が四国地方所有者の報酬となります!

つまり、規模が大きいほど激戦区になるわけですね!これも戦略のひとつとなります。

今後のクリプト陣取りの開発と動き

クリプト陣取りの開発目標


現在はまだコレクトができるだけで、「城」の所有する意味がありません。

実際のところ、クリプト陣取りの城の取引回数を見ていても、ほかに比べ極めて少ないのが現実です。

それなので、プレイヤー側から要望するクリプト陣取りの一つの課題として「城」の取引をさらに流動させるということがいえます。

ですが今後は、城を所有している人は武将を取り入れて他人の城を攻めて、宝物を手に入れるシステムを開発しているようです。

今後方針が変わるかもしれませんが、「武将」や「宝物」といった要素も追加されるかもしれないと考えられます。

城に関するイベントは積極的に取り入れることで「城」の取引は活性化されるかもしれませんね!

CryptoDungeonsとのパートナーシップ

クリプト陣取りは現在、他のブロックチェーンゲームとのパートナーシップにも力を入れているようです!

2018年4月28日にクリプト陣取りはブロックチェーンゲーム「CryptoDungeons」とパートナーシップを結びました。

CryptoDungeonsとはブロックチェーンゲームの一つで、ヒーローたちとダンジョンを探索したり、手に入れたアイテムをクラフティングするゲームです。

現在はCryptoDungeonsと提携することの具体的な方針は発表されていませんが、クリプト陣取りは面白い動向を見せてくれることを期待しています!



クリプト陣取りの情報を手に入れよう!



開発者はツイッター、Telegramでの情報発信を行うようです。

興味のある方はフォローしてみましょう!

Twitter:https://twitter.com/CryptoJintori

Telegram : https://t.me/joinchat/HdCzjBErb32xrzO-sJdRAw

クリプト陣取り 公式

title


こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームを紹介しています。

今日は「イーサクラフト」です。

イーサクラフト公式:https://ethercraft.io/#

  • 日本由来アイテムの販売が終了!
イーサクラフト公式販売にて日本由来アイテムの販売が終了します。

販売が終了するアイテムは以下のとおり、

・エンチャントアイテム
  1. 侍の兜
  2. 侍の胴
  3. 侍の膝甲
  4. 侍の篭手
  5. 侍の甲掛
  6. 忍者の頭巾
  7. 忍者の上衣
  8. 忍者の袴
  9. 忍者の足袋
  10. 忍者の帯
  11. 招き猫
  12. 薙刀
  13. 十手
  14. 草薙の剣
  15. 村正
  16. 兼光
  17. 正宗
  18. 秘密箱
  19. ガチャポン
・無料アイテム
  1. おにぎり
  2. 寿司
  3. Takemitsu(竹光)
  4. Candle(ろうそく)
  5. Stone Helmet(石の兜)
  6. Stone Chest Plate(石のプレート)
  7. Stone Legs(石のレギンス)
  8. Stone Gautlets(石のガントレット)
  9. Stone Boots(石の靴)
  10. Red Envelope(赤い封筒)

今回は無料配布の武器、防具も含まれています。

武器、防具が無料で手に入るチャンスなのでこの機会にぜひ手に入れましょう!

equip1
equip2
(End~が期限。2018年3月30日撮影)


具体的な時刻は、

日本標準時:3月31日正午12時
世界標準時:3月31日午前3時


日本人として公式ショップからなくなることは少し寂しさを覚えますが、
etherbay, Wybern Exchangeといった暗号資産取引所で購入できるのでご安心を!

暗号資産取引所については以下の記事をご覧下さい~

関連記事:【イーサクラフト】イーサクラフトで暗号資産取引所が2件追加!暗号資産取引所とは

  • 特殊な無料配布アイテム?Red Envelopeを手に入れよう!
Red Envelopというアイテムも同時に販売が終了を向かえます。

Red Envelopはどんな効果でしょうか。

redenvelop


要約すると、
「クラフティングアイテムの材料、指輪、チャームアイテムがランダムで手に入る」
というアイテムです。

無料配布アイテムなのでたくさん手に入れるといいことがあるかも!

手に入れてない人は急げ!


イーサクラフト公式
URL:https://ethercraft.io/#


イーサクラフトを始める!

関連記事:イーサクラフトを始める手順、必要なもの!


Discord(日本コミュニティもあります!)

URL:https://discord.gg/JGStXC

title

こんにちは「すここのこ」といいます。
最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームを紹介しています。

今回は「Crypto Racing League」というブロックチェーンゲームです。

cryptorasingleague_0


ジャンルとしてはレースゲーム系統ですね。

ただ現在はまだ開発中でレースはできませんが、
なかなか面白そうな雰囲気を出しているのでご紹介です。

公式の原文を参考に書いていますので気になる方はご覧下さい!
Medium:Introducing Crypto Racing League: a decentralized racing game on the Ethereum Blockchain

  • そもそもどんなゲーム?
開発中で実際にまだ触ることが出来ませんが、
カーレース系統のゲームだと思われます。

公式ガイドから次のようなことが実装されるとのことです。
  1. カーパーツ交換
  2. カーパーツのトレード
  3. レースゲーム

特に2.のトレードはブロックチェーン上で行われることが既存のゲームとの差別化となるでしょう。

ツイッターでは以下の考察をしていました。



すでにあるブロックチェーンゲームはカジノといった設定された計算式に従っているものがかなりあるのです。

ただCrypto Racing Leagueがユニークなレースゲームを実装してくれたら、もしかしたら流行するかもしれません!

例えば上記ツイートのように、

・プレイヤースキルを存分に発揮できる
・カスタマイズやコースの走行の仕方などで戦略を立てる


といったことができると嬉しいですね!

  • 2018年4月1日にカーのカスタマイズ機能を追加!?
cryptorasingleague_1

上画像のようにカスタマイズ機能が追加されます。
カスタマイズ部品の種類は次の6種類と装飾品の合計7つです。
  1. エンジン
  2. エアインテーク(吸気口), マフラー(排気口)
  3. ブーストタンク
  4. トランスミッション
  5. ブレーキ
  6. タイヤ
  7. 装飾品

これは面白そうです!

しかもこれらは消耗品だそうで、
使ってると壊れるらしいんですよ!
買い換えやメンテナンスも必要になるようです。

  • トークン「NOS」でカーレースに参加!
cryptorasingleague_2

Crypto Racing Leagueでは独自トークン「NOS」が使用されます。
使用するときは以下の通り

  1. レースゲーム参加時
  2. アイテム購入時

レースゲームはこのゲームの中心となるコンテンツなので、
ぜひ持っておきたいですね~

  • まとめ
このブロックチェーンのおもしろさが現われているのは、

-レースゲームのユニークさの期待
-カスタマイズの豊富さ


になります。
わたしも情報を追ってみようと思います。


Crypto Racing League 公式サイト
URL:https://cryptoracingleague.io/

Discord (公式の最近情報が公開されてます!)
URL:https://discord.gg/6FYTWn

↑このページのトップヘ