カテゴリ: 語りたいこと

title
こんにちは!すの(@VurCur)です。

今回の記事はイーサエモンのポジショントークのような雑記です。


イーサエモン。ブロックチェーンゲームではかなり有名になりました。

そのため情報は追っていましたが、わたし自身は本格的にプレイはしていませんでした。

しかしある考えから、本格的にプレイしようと意気込んでいます。

イーサエモンとは直接関係のない話にもなりますが、ブロックチェーンゲームの一般論として見ていただければと思います。



今はブロックチェーンが目的でいい

ブロックチェーンゲームは大きく分けて2種類あると考えています。

  1. ブロックチェーンの応用を調べる目的のためにゲーム開発をする
  2. ゲーム開発のためにブロックチェーンを手段として使う

簡単に言ってしまえば、前者はブロックチェーンが目的になっており、後者はブロックチェーンは手段(道具)とする考え方です。

そしてブロックチェーンゲームは圧倒的に1.が多いように感じています。

原因としてはブロックチェーンの応用の仕方があまりわかっておらず、手探りの状態にあるからだと考えられます。


目的と手段が間違えてない??とよく言われるこのご時世ですが、

わかってないまま道具として使われえるのもどうかと思っているので、私は1.でいいと思ってます。


そしてイーサエモンですが、いい意味で1.に当てはまります。

重要なのはイーサエモンがブロックチェーンゲームの中でアプローチが正しい方向へ行っているコンテンツであることです。

ブロックチェーンゲームで重要なポジションにあります。

そのように考えていくとイーサエモンの情報をしっかりと追いたくなってきたというわけです。


ハイエンドなVR機器をすでに購入していた!

イーサエモンはDecentralandとの連携でVR化が決定しています。

2adcea9c



ブロックチェーン×VRのゲームはイーサエモンが初めてで、どのようなゲームとなるか未知数です。


ここでVR機器についてですが、ハイエンドなVR機器は購入するのに悩んでしまう価格帯のままです。

何かしらの理由がないと購入しないと思われるので、持っている人は少なめです。


かく言う私も購入するかかなり悩んでいました。

しかしVRChatとよばれるSteamのコンテンツをプレイしていたので、
それをどうしてもVRでプレイしたい!って思うようになり、HTC viveと呼ばれるVR機器を購入してしまいました。
s_IMG_2553
ということはいつでもイーサエモンに限らず、VRコンテンツをプレイできる状態にあるのです。

イーサエモンのVR化は2019年ということでまだ先になりそうですが、
私はいつでもできるように構えています。


だったらバーチャルYoutuberになるんだよ!!

今流行りのバーチャルYoutuberをご存知の方は多いと思います。

有名なバーチャルYoutuberはキズナアイちゃんとかですよね。

kizunaai
現時点で5000人を突破したようで、いまだに爆発的に増えています。

>>>【速報】バーチャルYouTuberが5000人突破 半年で4000人増 - PANORA


バーチャルYoutuberは様々なプラットフォームでできますが、もちろんVR機器を使ってでも可能です。

そしてバーチャルYoutuberの性質はYoutuberそのものでもあるのですが、広告のポテンシャルもあります。


あるとき、ふと思いました。


だったらバーチャルYoutuberを通してブロックチェーンゲームを宣伝できるのでは…??


そう決断して数か月、ようやく算段がついてきました。

よい形でスタートできればいいなと思います。

VR化したイーサエモンも積極的にプレイしたいですね。


読者の方々、もう少しお待ちを。

まとめ

後半に連れて話題がそれてしまったのですが、

イーサエモンを知らずしてブロックチェーンゲームを語れません。

これがイーサエモンを今からプレイしようと思った一番の理由です。


そしてVR化も目が離せません。

VR機器を持っているならやるしかない。

ついでにバーチャルYoutuberもやろうぜ!!ということです。


好きなことで生きていく。これを追及していこうと思います。

title_noname







こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

転勤、人事異動のツイートがバズっていましたね。

わたしは学生の立場をとっていますけど、他人事ではないですよね。

それなので転勤や人事異動の事情について調べてみたのですが、表向きは「人の成長を促すもの」になっているようです。

これ真に受けてたら相当まずいですよね

このロジックは、

他の場所に移動して、人との交流がするならば成長できる

と書き換えられます。

どう考えてもSNSを上手く活用すれば成長できるので転勤制度の表向きな理由は棄却されます。

でも自発的に別の部署へ行きたいとかであれば、絶賛して転勤させればいいと思います


転勤制度はもう現代には意味をなさず、乱用でしたないように思えます。


ああ、さらに就活したくない病が…。


こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

わたしは教育についても関心がありまして、次のツイートが流れてきて共感しました。



「一方的に与えられた情報は10%しか頭に残らない」ということで、思い当たるデータがありました。

文部科学省平成18年度版「人々とともにある科学技術とそれを支える人材」に我が国における科学技術リテラシー、科学技術への関心の状況に大人の科学技術に関する理解度と子どもの学力というグラフがありました。

グラフが気になる場合は、以下の文部科学省のページにある1-2-54図で、縦軸が大人の科学への理解度、横軸が子どもの学力のグラフです。

文部科学省:人々とともにある科学技術とそれを支える人材


理想的な解釈だと、
  • 子どもの学力が高いほど大人の科学への関心も高い
または
  • 子どもの学力が低いほど大人の科学への関心は低い
と見るべきでしょう。各国では間違いなく理想的な結果が出ています。

でも日本は異常で、「子どもの学力は高いにも関わらず、大人の科学への理解度は低い」となっているのです。

プレゼンテーション1


わたしのようによくわからない進学校へ入学してしまった立場としては、受験勉強ばかりが先走りすぎた指導をさせられていたように思えます。

まさしく生徒が考える暇が無い一方的な教育が現在でもされているということなんでしょうね…。

計算能力や記憶能力は圧倒的に機械が早いんですから、そんなものを訓練したって仕方ないんです。

人間にしかできない創作的、課題解決的な能力を教育させないとテクノロジーに負けてしまいます。


この文科省のデータは平成18年のものですが、日本の教育はまだまだ変わりそうにないですね。







こんにちは!「すの@VurCur)」です。

最近は進路に悩んでおります。まだ考えがまとまってませんのでご容赦。


今大学院生で研究もしていますが、正直今しようとしている研究に違和感を覚えています。

研究はモチベーションが大切なのに、興味が薄れてしまって残り2年も続けられません。

その背景には金銭とメンタルが持つかどうかへの不安があります。

それを払拭しない限りは今の自分を続けられないと思っています。


だから休学について考え始めています。

特に金銭面を何とかしたいため、自分でビジネスをして収益を得たいんですよね。


学生という立場は非常に有効です。社会的な保障がありますからね。

フリーで働くか組織で働くか、それとも休学か

フリーで働いていくのと、組織に属して働いていくのとではずいぶんと社会的身分の保障が変わります。

例えば、有名な組織に属せば世間的に認められた立場になりますよね。

逆にフリーになると、胡散臭いと思われがちです。
何をしているか一目ではわかりませんからね。

でもフリーは、好きなことができます。
これがわたしにとっては特に魅力的です。

もしくはフリー並みに自分のしたいことができて、組織には属している…とか。
法人化とかいい例かもしれません。


そして何よりわたしは幸運なことに学生の立場です。

しかも学生の休学はフリー+組織という両方の性質を持ち合わせています

これは利用する手はないですよね。


しかし、休学する一貫性をもった理由が必要になります。

これは学校側に休学を認められるために考えているのではなく、
自分にストーリー性があるかどうか、自分が死んでしまう前に人生が幸せだったかどうかをじっくりと考える必要があります。


わたしごとですが、この答えを今年8月~9月には出したいですね。

3か月も耐えるのはかなり骨が折れますが、頑張ってみます。

title




こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

わたし自身は学生の立場でして、就職された先輩方の話を聞きましたのですが、

新人研修で人間関係のために毎日飲み会をしてもらった給料がなくなったとかなんとか。

飲み会は絶対ではないということだったんですけど、給与がなくなるまでっていうのは何か変です。

この真意の詳細は聞けなかったんですけど、

  • 人間関係で飲み会が好きだから好意で毎日行っている
  • 飲み会に断れない状況がある

という意見が対局します。

お酒を飲むことが好きな人は当然いるので、そのような方は飲み会を有意義に使い、そして価値があると思ってお金を使ってるんだと思います。

このことに関してはわたしも何もいえません。

問題は「給料がなくなった」と発言しているところだと思うんです。

毎日飲み会が楽しいと思うならそんなことは言わないでしょう。

これ明らかに飲み会に断れない状況があるってことですよね。

もっと言ってしまえば個人間ではなく会社の権利を用いたアルコールハラスメントですよね?

それでせっかく苦労して働いたお金が消えてるなんて前代未聞じゃないですか…。




ちなみにわたしは飲み会は生産的で、価値のあるものだけ行く感じですね。
別に飲み会自体が悪いことではないと思ってます。

でも、毎日は嫌ですね…。毎日って自分も相手も同じことしか喋らないでしょう。

生産的で価値のあることが大事なんです。飲み会に限らずコミュニケーションって。

↑このページのトップヘ