カテゴリ: テクノロジー

title


こんにちは!すの(@VurCur)です。

今回はブロックチェーンゲームで話題になっているトークンの規格「ERC-1155」について紹介します。

ERCって?

そもそもERCってなんでしょう?

ERCとはEthereumベースのトークンの標準インターフェスです。

簡単にいってしまえば、Ethereumベースでトークンを発行するときのルールです。

またERCはEthereum Request for Commentsの頭文字をとったものです。

これまでの仮想通貨では、

  • 取引所、ウォレットにおいて技術面が開発元で異なる
  • ICO参加者に対して、個々のトークンの安全性がつかめない。

という問題を抱えていました。

イーサリアムでERCとして規格を決めてしまうことにより、仮想通貨の乱立を防ぎ、ユーザーの安全性を保つことができるというわけです。

次々に規格が増える中で今回は「ERC-1155」について紹介します。


これまでのブロックチェーンゲームにおけるERCの流れ

多くのブロックチェーンゲームのデジタルアセットはERCの規格で作られています。

特にゲームに影響を与えているトークン規格は、

  1. トークン自体を発行する「ERC-20
  2. ERC-20を誤ってコントラクトアドレスに送金してしまい、トークンが消滅する欠陥を解決した「ERC-223
  3. ノンファンジブルトークン(代替不可能トークン)によって個々のデジタルアセットの多様性を実現できる「ERC-721

そして今回紹介する「ERC-1155」です。

それではERC-1155がどのような規格なのか説明していきます。

複数のデジタルアセットをグループ化させて手数料を安くする!

これまでのトークンの最大の問題点は一つひとつのアセットにブロックチェーンを適用しないといけまないことにありました。

実例としてブロックチェーン上のデジタルアセットを他の人に送ろうとするとトランザクション手数料が発生します。

1つのアイテムを送るたびに、1回トランザクションが発生します。

簡単な例として、6人家族が新築に引っ越すとき、これまででの方法だと1人ずつ新しい家へ送迎する感じです。

イメージとしては以下のような感じ。

erc721


これでは非効率です。

そのため、複数のデジタルアセットをグループ化させて1回で送ってしまおうとする規格がERC-1155です。


さきほどの6人家族の例で示すと、ERC-1155であれば6人家族を一つのグループと見て1回の自動車で送迎できます。

erc1155


別の言い方をすれば、送料のコストダウンができたということになります。

このシステムを開発し公開したのはEnjin開発者のWitek Radomski氏という方ですが、トランザクション手数料を安くするためにこのようなところに気付き、開発したのは天才ですね…。


ファンジブルとノンファンジブルの組み合わせが可能に!

ERC-1155の一つの規格でファンジブル(代替可能)トークンとノンファンジブル(代替不可能)トークンを使い分けることができるようになりました!

    

    メモ:ファンジブルとノンファンジブル

ファンジブルとは、二つのモノがあったときにそれらが同じモノであることです
日本語では代替可能といいます。

例えば、1000円札が2枚あった場合、新札とシワが入ったような使い古したお札があった場合でも価値としては同じということです。
FT-NFT
ゲームだと、アイテムやお金はファンジブルであるべきです。ERC-20トークンも当てはまります。

ノンファンジブルとはキャラクターの個性や多様性のことで、日本語では代替不可能といいます。
ERC-721のトークンがノンファンジブルです。

これまではERC-721のトークン規格でノンファンジブルが再現できていましたが、
ERC-1155のトークンアイテムは代替可能か不可能かが使い分けられるようになりました。

プレイヤーとしては恩恵が少ないかもしれませんが、ERC-1155のSDK(開発キット)が配布されていることもあり、ゲーム開発者としては開発コストを大幅に下がっているようです。

まとめ

ERC-1155によって、トランザクション手数料と開発コストダウンが可能になりました。

プレイヤー視点として、これまでのブロックチェーンゲームはトランザクション手数料の高さが課題となっていました。

それを解決するブロックチェーン技術としてERC-1155が登場しました。

またさらにコストダウンとなる技術が登場するかもしれません。

一つひとつブロックチェーンゲームに関する技術を追っていこうと思います!

プレゼンテーション1

こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

いや、焦りました。windows10が起動しなくなったのです!



そして残高やデジタル資産が残っているMetaMaskのアカウントも巻き添えになりました。

焦りますよ!夜も眠れませんでした。

ということで、今回はパソコンの故障や買い替えでMetaMaskを復元する方法をご紹介します。

といってもそんなに難しくはないですよ!

MetaMaskの復元方法


注意!

復元したいアカウントがある場合、新規登録する際の12フレーズで構成されていたseedをもっていることが大前提です!

また秘密鍵をひかえている場合は、それでも復元できます。ここでは扱いません。

逆にseedさえ持っていれば焦らなくて大丈夫です。

MetaMask新規登録時にseedをひかえていることを願っています。


さて復元方法に移りましょう!

MetaMaskを登録後、ログアウトすると以下のようにパスワード入力画面が現れます。

Screenshot from 2018-05-16 22-06-28


このとき、パスワードを入力するのではなく、

Restore from seed phrase」をクリックしましょう。

次の画面が出ますので、ひかえているseedと新しいパスワードを決定します。

Screenshot from 2018-05-16 23-01-55


通常のアプリケーションではIDとパスワードで別のパソコンでログインできることが多いですが、

MetamaskはSeedによって別のパソコンでログインするかたちを取るようです。

通常のログインとMetaMaskは仕様が違いますが、大丈夫です。

これでログインできます。

見覚えのある残高が現われれば成功です!安心しました。


あと他にも秘密鍵を残している場合でも復旧が可能です。

でもたいていの場合、新規登録するときに残しているseedで復元作業すると思いますが、バックアップにもなるので、またご紹介するかと思います!

こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

わたしが普段使っていたノートパソコンが急に悲鳴を上げ始めたのです…。
DSC_0080

ちなみにこの記事では絶賛復旧中で、解決には至っていません!このようになってしまった報告程度の記事です。


スペック


ざっくりとしたスペックは以下の通り。
Lenovo yoga 2 11 製品仕様書
・windows10 64bit
・CPU:     インテルR PentiumR プロセッサー N3520 (2.166GHz)
・メモリ:4GB(4GBx1)(PC3-10600 DDR3L SDRAM) / 4GB

購入したのは3年前ですね。

本体重量1.3kgと比較的軽めで、値段もリーズナブルだったので購入しました。


ただこのノートパソコンは購入した当初からどーも癖があったのです。

HDDの温度が常時40度~50度ぐらいで排熱ができてなかったり、動作がときどき不安定だったりと、ストレスがたまってました。

そしてつい最近エラーを訴えました。

前兆としては動画を見てたらフリーズしたことですね。

windows10で「PCが正常に起動しませんでした」もしくは「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示される

windows10の場合だと以下のような画面になります。
DSC_0090


修復作業に入るのですが、
回復ドライブやリカバリーディスクを作成してなかった、復元ポイントを作成してなかったことは大きな失態でした。
それなので、試すことができたことは、

  • スタートアップの修復 (2~3回試すと起動できる場合がある)
  • コマンドプロンプトからのCHKDSK c:/rのコマンド

しかしどちらも上手く行かず、お手上げです。


残された選択肢は、windows内の初期化でした。

初期化にも二つのパターンがあり、

  • 個人用ファイルを保持する
  • すべて削除する

とする方法です。

DSC_0091


もちろん個人用ファイルを残しておきたいこともあり、上の選択肢を選びますが…。

DSC_0085


何かが引っかかってるようで、個人用ファイルを保持しての初期化はできませんでした。

もう、「すべて削除する」選択肢しかない。と思いました。諦めムードです…。

救いとしては、デュアルブートでubuntuを入れていたため、そこから自分のデータを抽出できたことですね。

以下のような選択肢が出てくるので、ubuntu側のドライブを削除してはいけないので、
windowsがインストールされているドライブのみ」を選択します。

DSC_0092


とくにこだわりがなければ指示通り「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択

DSC_0093


工場出荷状態へ。さようなら。

と思ったら…。
DSC_0098




現在ここで止まってます。これwindows10を起動できなくなるパターンじゃ…。

今回のまとめ、反省点


何が起こってもいいために、
  • 回復ドライブ、リカバリーディスクの作成
  • 復元ポイントの作成
をすることを心がけないといけませんね。

救いは、ubuntuをデュアルブートしてて、windows側にあったファイルをubuntu側に移植できたことでしょうか。

デュアルブートは誰でもしていることではないので、上記の2つを必ず行っておくことでしょうかね…。

と反省したいたらこんなツイートをいただきました。


windowsやばい

こんにちは!「すの@VurCur)」です。

ブロックチェーンゲームをプレイしていると、一般ユーザーがプレイするには難しい単語がたくさん出てきます。

特によく見るのは、dAppsという単語ではないでしょうか。読みもよくわかりませんよね。

でもブロックチェーンのアプリケーションを利用する上ではdAppsはかなり重要な単語です。


この記事ではdAppsとは何かを解説します!

dAppsとは何か?その定義は。

dAppsはDecentralized Applicationsの略です。

分散型という意味のDecentralizedの頭文字"D"と、アプリケーションの"app"に複数の"s"を付けた単語です。

日本語では分散型アプリケーションといいます。

Dapps、DApps…、と行った表記も見ますが意味は崩れないのでどれでも問題ありません。
dAppsの表記をよくみるので、わたしはdAppsを採用してます。

あと読み方は「ディーアップス」もしくは「ダップス」です。
これもまたどちらでも問題ありません。


それでは分散型アプリケーションの定義はなんでしょうか??

dAppsに投資するDavid JonstonのVCファンドによる定義[1]を採用します。
①アプリケーションは、オープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。トークン、データ、レコード、などにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

②アプリケーションは、オープンに流通可能な、暗号トークンを持っていること。アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者には、そのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

③アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善は、ユーザーのコンセンサスによること。

とはいえ、初めてブロックチェーンゲームを触ってみたという方には難しいですよね。

慣れないうちは「ブロックチェーンを使ったアプリケーション」ぐらいでいいかなと思います。

もう少し正確にいえば、「ユーザーによって分岐することが可能なアプリケーション」と解釈するとよいそうです[2]。

dAppsの例、ビットコインもその一つ

dAppsの例としてよくいわれるアプリケーションがビットコインです。

ビットコインは根幹にあるブロックチェーン技術を用いて作られた通貨で、ビットコインキャッシュといったものに分岐してます。

folk

それなのでdAppsはかなり広い意味であることがわかると思います。

ブロックチェーンゲームでのdAppsの例

正確に言った方とは理解しがたいかも知れません。でも広い意味でブロックチェーンを使ったアプリケーションをdAppsというならば、ブロックチェーン技術が使われたゲームはすべてdAppsであるといえます!

ブロックチェーンゲームのことをdAppsゲームという方もいますが、意味は同じですね。

一つ例にとれば、初のブロックチェーンゲームとして有名なCryptoKittiesです!

cryptokitties


このゲームは仮想通貨イーサリアムのプラットフォームで動き、スマートコントラクトとよばれる自動契約の技術によって仮想的な資産の売買などができます。

現在でも多くのブロックチェーンゲームがこの形式をとっています。


dAppsはゲームに限らず、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションならばかなり広い意味で用いられることがビットコインの例からもわかります。

dAppsの定義は難しいですが、ゲームといったdAppsを実際に触ってみてそのすごさを実感するのが一番だと思います。



引用:
[1]DAPPS (非中央集権・分散型アプリケーション)とは何か?なぜ重要か?
[2]【解説】「dapps」の定義とマネタイズ事例を淡々とまとめるよ。




こんにちは!「すの(@VurCur)」です。今回はVR関連の話題。

ちらっとつぶやいた上のツイートですが、わたしにとって結構重要な動きなんです。

最近ちょっと自分のツイートの頻度が低くなりつつあって、その背景をご説明すると

わたくしVR界隈に実は潜んでおりまして、「VRChat」というものにお熱なのです…。

そして、この前の飲み会の話をしたので、
この記事ではVRChatに関する「バーチャル飲み会」というものを説明します。

そもそもVRChatとは?


読者の方はご存知でないかもしれませんのでざっくりと説明です。

VRChatとは、仮想空間上でコミュニケーションをとることができるVRネットワークサービスです。

VRchat1
VRと書かれていますが、実はVRでなくてもデスクトップ環境でプレイできます。

コミュニケーション方法としては特殊なワールドを除いて「ボイス」のみです。それなので、普通に英語やその他の言語が飛び交います。

サービスの開始は2017年2月1日ですが、日本人の人口が増えたのはバーチャルyoutuberブームの2017年12月~現在あたりだと思います。
プレイヤーピークは3月~4月ぐらいかなと思っています。

どのような人がプレイしているかというと、前提としてVRChatは敷居が高いです。
それなので、技術力をある程度あり、サブカルチャーに関心があって、行動力をある程度持っているような人が集まっている傾向があります

バーチャル飲み会


VRChatではいろいろな文化ができつつあります。

その中でもバーチャル飲み会というものがあって、参加しました!

実際の飲み会と異なることは、自分でお酒と食べ物を準備するために以下のようなメリットがあります。
  • 参加も強制されることはない
  • 自分で費用を調整できるため、安く設定できるし、高くもできる
  • 趣味が似ている集団のため、話題が楽しい
  • アルコールハラスメントされることがまずない

デメリットは、
  • 相手がどのような人か見た目ではわからない

ということぐらいですかね。でも趣味が似ていることが大前提なのでほとんどデメリットがないんです。

バーチャル飲み会楽しいですよ!


面白そう!って思ってくれるのが最高なのですが、
ただVRChatを始めるのは体感でも敷居が高いので、本気でやってみようと思わないといけないかもしれません。

まだ一般に広まるのには時間がかかるかもしれませんね。


読者向けコメント


読者(ブロックチェーンゲーム界隈)の方向けの記事なので、こんなことが世の中で動いているんだなーと思ってもらえればいいなぐらいで今は問題ないと思います。

もし、読者の方でVRChatをしているって方がもしかしたら…いるかもしれません。

ちょっと考えがあるため、まだIDは公開しません。

もし一緒にプレイしよう!という方がいれば個人的に「@VurCur」にDMしていただけると、わたしの声も聴くことができます!

わたしの声…需要あるかなぁ。

↑このページのトップヘ