カテゴリ: 仮想通貨

title


こんにちは!すの(@VurCur)です。

Amazonの商品をビットコイン(BTC)もしくはビットコインキャッシュ(BCH)で購入すると最大33%の割引で購入できるpurse.ioというサイトを発見して驚愕しました。

2018年6月にトランザクション手数料が安いビットコインキャッシュで取引できるようになったため少し話題にあがったのがきっかけでした。

purse.ioは厳密には「できるだけ安くAmazonの商品を買いたい人」と「仮想通貨が欲しい人のマッチングサイト」です。

それなのでpurse.ioの性質上、取引が成立するのは15%の割引ぐらいですが、十分すぎます。

例えば以下のような感じです。
2018-09-15 (11)


なぜ今まで知らなかったのか正直後悔しています…。ぜひ皆さんも使ってみてください。


さて、purse.ioはビットコイン(BTC)もしくはビットコインキャッシュ(BCH)をウォレットに持っておく必要があります。

そこでよく使用されるウォレットがBitcoin.comだそうなので、使い方を紹介します!

ものすごく簡単なのでご安心を。



Bitcoin.comとは?


Bitcoin.comはビットコインに関する情報を提供しているサイトです。

例えばビットコインのニュースの閲覧、コミュニティの参加、マイニング、取引、ウォレットの管理などがあります。

なお、この会社の創立者およびCEOはビットコイン、 ビットコインキャッシュ界隈では有名な「ロジャー・バー」氏です。

2011年からビットコインに投資をし始め、仮想通貨関連企業に投資しているようなので仮想通貨の資産は尋常ではないはず…。


Bitcoin.comではビットコイン、ビットコインキャッシュに関する様々な情報があるので、
この記事ではウォレットのみについて言及していきます。



Bitcoin.comのウォレットの使い方


1.ウォレットのダウンロード

まずはウォレットをダウンロードしましょう。
PC向けであれば、Windows、Mac、LinuxのOSにインストールできますし、
モバイル向けであれば、App Store、Google Playからダウンロードできます。

Bitcoin.comのウォレットのダウンロードサイトはこちら


またここではAndroid向けの画像で解説します。

Google playでのBitcoin.comのダウンロードはこちら。
Google Play で手に入れよう

2.復元コード によるバックアップの作成


ウォレットをダウンロードした端末が故障・紛失した場合、その端末のウォレットに入っていた全残高は消失します。

そのため、いきなり仮想通貨の受取をしようとすると以下の画像のように「バックアップを作成してください」と言われて止められます。

Screenshot_20180914-140613



まずはバックアップを作成しましょう。

バックアップは12個の日本語の単語を並び替える復元コード形式です。

※必ず用紙などに書き込んで厳重に保管しておきましょう!

バックアップ手順は、
  • 復元コードのメモ、保管
  • 復元コードの確認
となってます。

手順に従い、バックアップを完了させましょう。

完了したら以下の画面が出てきます。

Screenshot_20180914-141207


これで最低限のウォレットの使用が可能です。

3. アプリをPINでロック(任意)


必須ではありませんが、PINコードを設定できます。

ただし、ビットコイン、ビットコインキャッシュのバックアップを作った後に作成可能なので、
二つの仮想通貨のウォレットのバックアップを先に完了させましょう

手順を説明します。

初めに下のバーにある歯車マークの「設定」を選択します。

次に「アプリをロックする」を選択。

Screenshot_20180914-143717


すると、無効になっていますので「PINでロックする」を選択します。

PINコードを入力する画面が現れるので任意の番号を決定しましょう。

これでPINコードの設定は完了です。



まとめ


わたしの場合は、purse.ioで使用するためにBitcoin.comのウォレットを使用しています。

ただ他にも様々な用途で使用できると思います。

ウォレットのアプリケーションとしてはかなり使いやすいので、今後いろいろビットコイン、ビットコインキャッシュを利用したいという方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

title

こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

ブログ界隈ではSteem(スティーム)ALIS(アリス)でブロックチェーン技術が注目されていますね!

今回は日本発でもあるブロックチェーンを用いたソーシャルメディア「LuckyMe」について紹介します。

LuckyMeとは?

LuckyMeとは株式会社Good Luck 3が開発しているブロックチェーン技術を導入したソーシャルメディアです。

LuckyMe」は良質な記事と良質な評価に対して報酬として、独自トークンのLUCKCOINが付与される仕組みです。

簡単にいってしまうと従来のブログにブロックチェーン技術が組み込まれているようなイメージですね。


luckymelogo

ソーシャルメディアの今までの課題は、
  • 検索エンジンやSNSといった、一部の人の評価で決まってしまう
  • 良質な記事が評価されにくい
ということが挙げられています。

検索エンジンは例えばGoogleが用意しているアルゴリズムで決まってしまいますから、そのシステムはブラックボックス状態です。
SNSもインフルエンサーの信頼による拡散により決まってしまいます。

つまり、一般の人が記事を評価できないという状況があります。

そして、良質な記事を投稿したにもかかわらず評価されない投稿者にも不利益な状況です。


この課題を解決する技術となろうとしてるのはブロックチェーンです。

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはSteemとALISが有名になりましたが、
今回紹介するLuckyMeにも注目したいところです!

LuckyMeと他のソーシャルメディアとの違い

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはすでにリリースされたものがいくつかあり、差別化は重要なポイントです。


一つは、さまざまなメディアへ組み込むことができるように設計しているようなので、
LuckyMeのLUCKCOINはあらゆるメディアに浸透して、経済圏を広げるであろうとされています。

あと、わかりやすい違いは、
Steemでは用いられる暗号通貨はSteem、Steem Power、Steem Dollarsの3種類あることが非常にややこしいことです

Steemではそれぞれ別の用途で扱われていますが、正直ユーザーにとってはあまり関係のないことだと思います
よりシンプルに取り扱うほうが、参入者にも易しいです。

そしてすでにリリースされたブロックチェーンが用いられたソーシャルメディアのALISとの差別化が日本に広がるカギを握っているはずなので、これからもLuckyMeに注目したいところです。

株式会社Good Luck 3とは?

Good Luck3はスマートフォン向けアプリの共同開発などを行っている株式会社です。



またLcukyMeのようにブロックチェーン技術にも注目しているようで、

LuckyMeと同様に注目すべきなのが、ブロックチェーンゲームである「くりぷ豚」です。

000


くりぷ豚については以下の記事で紹介していますのでご覧ください!
関連記事:日本発のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」とは?

LuckyMeの最新情報

LuckyMeも現在開発中です。興味をもたれた方は以下から入手してみてはいかがでしょうか。



title

こんにちは「すここのこ(@VurCur)」です。

わたしはLApoolと呼ばれるマイニングプールでBitzenyをマイニングしていたのですが、Twitterを見る限り4月15日から4月25日までダウンしてました。





その後、4月26日にようやくLApoolが復帰したようです。

プールマイニングはサーバーダウンがネックになるのですが、LApoolについてはちょっと異様だったので今回のことについて調べました。


プールマイニングって何?って方は以下の記事をご覧ください!
関連記事:【マイニング】ソロマイニングとプールマイニングはどちらがよいか

LApoolの今回の問題点





マイニングプール自体はたくさんあります。

どこを選ぼうが、マイニングの報酬はほとんど変わりません。

にもかかわらず、LApoolといわれるマイニングプールにワーカーが40%以上集中しているようなのです!

わたしも知らずしらずにLApoolでBitzenyをマイニングしていたので、これは振り返らないといけないと思いましたね。

集中したことのデメリット


わたしはまだ深く考察できていませんが、ツイートによれば「51%問題」の懸念です。

51%問題とは簡単に言うと、悪意のあるマイナーが過半数以上いる場合のことです。

今回は定かではなのですが、ツイッターを見る限りでは、ハッシュパワーの集中しすぎによる弊害を引き起こさないための処置だと考えられます。


集中している理由




原因として一番大きいのはマイニング方法のブログがプールサーバにLApoolを推進し、連鎖的にLApoolのワーカーが増えたことが大きいでしょう。

ユーザーが多いから安心して他の人も使うといった心理が働いてこのようなマイナーの肥大化が起こっているのだと考えています。

Bitzenyマイナーへの呼びかけ、プールサーバーの分散化を!



Bitzenyマイナーは別のプールサーバに切り替えることを推奨します!

じゃあどこがいいの?っていうことが気になりますが、

正直なところ、マイニングプールの報酬や手数料は一長一短です。

だからどこがいいということは、わたしからは言いません。

このマイニングプールがいい!と言ってしまうと、同じことになってしまいますし。


あと、Bitzenyマイニングのブログを書かれている方はLApoolから別のプールサーバーへの推奨してくださればいいなと思います。

title

こんにちは「すここのこ」といいます。

最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームを調べているのですが、
気になっている一つが「ERC721」です。

他にもERC20とERC223もよく出てきます。
ERC20とERC223については過去に書いたのでご覧ください~

関連記事1:ERC20とはなにか?Dappsを利用するために必要なこと

関連記事2:ERC223とはなにか?Dappsを利用するために必要なこと

  • ERC20、ERC223
ERC721を理解するためにはERC20とERC223を知っておく必要があります。

それなので、この記事でもERC20とERC223をまとめておきます。

ERC20は、

Ethereumのトークンを実装してもそれぞれの開発者で技術面が異なっており扱いにくかった問題点を解決するルールのことでした。

関係するERC223は、

ERC20にあったコントラクトアドレスに誤って送金してしまったときのトークンの消滅を解決する改善案です。

ERC20はEthereum初期のころからあったルールで後から改善案としてERC223が作られたといった具合です。

それでは、ERC721とは何なんでしょうか。

  • ERC721は「多様性」
ERC20、ERC223は代替可能(Fungible Token)、ERC721は代替不可能(Non-Fungible Token)というで言われます。

ただこの表現ものすごーくわかりづらかったんですよね…。

結論からいえば、

ERC721は「多様性」をプログラム上で実装できることだと考えています。

まずは比較対象としてERC20とERC223を上げます。
ERC20とERC223は代替可能なトークンと呼ばれているもので、

通貨で例えると、通貨の定義を満たしていれば
同じ価値を持つ通貨と交換が可能です。

それに対して、
ERC721は代わるものがどこにもない独自性を持たせることができます。

dAppsを有名にさせた「Cryptokitties」で例えてみましょう。
CryptoKittiesはERC721で実装されているブロックチェーンゲームです。

CryptoKittiesの特徴として
「2匹のネコから新たなネコを生む」
といった二つのことが可能なことが挙げられます。

つまり、親の遺伝子情報を子に引き継ぐことができるので、
独特なネコを作ることができるのです。

これは、
「多様性」がプログラム上で実装できたことと同じです。

ERC721はゲーム開発だけでなく、独創性なアプリの開発に大きく役割を果たすはずです。

  • まとめ
ERC721は「多様性」の実装であることを言及しました。

Ethereumの発展は目覚ましく、上記でも言ったようにゲーム開発やオリジナリティのあるアプリケーションの実装に貢献しています。

今後どのようなdAppsが生まれるのでしょうか?楽しみですね!

title


こんにちは「すここのこ」です。

今回はマイニングについて書きます。

仮想通貨業界は規制ラッシュが続き、相場は落ち着きを見せていますが、
わたしはマイニングを黙々と続けております。

今回は「CPUマイニングの温度」についてです。

CPUマイニングってなんぞや?って方は以下の記事をご覧下さい!
関連記事:【マイニング】CPUマイニング、GPUマイニング、ASICマイニング どれがいいの?

  • CPUマイニングってソフトウェアを稼働するだけじゃいけないの?
マイニング始めたばかりはソフトウェアに任せっぱなしでした。

しかしパソコンが何かを語りかけてきました。

警告


CPUの温度高すぎじゃない??


まじか!原因は常に100%使ってるCPUマイニングのソフトウェアしかない!
と思いましたので調べてみることに。

ちなみに私のパソコンの簡単なスペックは以下の通りです。

OS:windows7 64bit
CPU:Intel Core i5-2500 CPU @ 3.30 GHz 4コア 4スレッド
メモリ:8 GB
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB

うわ、わたしのスペック低すぎっ!

GPUは最近購入したのでまずまずのものを使ってますが、
CPU…そろそろ買い換え時かなぁ

またマイニングしてる暗号通貨は「Bitzeny」です。
わたしの押しの暗号通貨ですね!

  • CPUの適切な温度
CPUの適切な温度って何度なんでしょうか?調べてみた結果が次のツイートです。

あくまで目安です。この温度が危険領域だ!という定義はないですね。製品にもよりますし。

ただ厳密ではないんですけれど、100度を超えてしまうのはCPUの仕様表からも分かります。
知りたい方は各自のCPUの仕様表をご覧下さい。


  • CPU稼働率100%時

CPUマイニングのソフトウェア(マイナー)をデフォルトで使用するとデフォルトで100%の稼働率です。


マイナーをデフォルトで稼働した結果の温度は次の通りになりました。

ただしソフトウェアは次のものを使用しています。

8deg

ちなみに計測した時期は春で、

室温は19.8度です。

見ていただきたいのは各コアの温度」と「負荷」です。

夏場とかになると90度をこえるのは予想がつきますね。
ファンが回りすぎてファンの寿命が縮みます。


ちなみに室温は次のアイテムで測ってます。

IMG_0985
CASIO (カシオ) 置き時計 WAVE CEPTOR ウェーブセプター 電波時計 温度表示 湿度表示 DQD-660J-7JF

わたし今使っている機種(DQD-660J)はすで取り扱ってないみたいですが、
新しい機種はカシオ等からたくさん出てます。

電波時計あるし、日付も出るし、湿度もでるしでめっちゃ便利アイテムなんですよこれ!
ざっと室温をみたいときに便利です!

カシオから同じ機能でかつ比較的安いのものもありますのでよろしければどうぞ~







  • CPU温度上昇の原因
とうぜん温度上昇には原因があります。

マイニングの視点からいうと理解しておきたいことは、

家庭用のパソコンはマイニング用に設計されてない!

ということです。
それなので発想としては「稼働率を下げる」ということでしょうか。

ただ、
・ファンが壊れている
・CPUファンまわりにホコリがある。

という原因もあるので、これらも確認する必要があります。

ファンが壊れているのは早いうちに対処してください。
熱暴走でパソコンの電源が落ちることが頻繁に起こって厄介です。

  • 稼働率を制御
稼働率をソフトウェア側から制御します。わたしは次のソフトウェアを使いました。

使い方についてはGoogle検索してもらうとすぐでてきますので、ここでは割愛。

マイナーの稼働率を60%に制御した結果の温度は次の通りです。
1deg


温度は60~70度をうろうろするようになってくれました!
マイニングをしているわりにはいい温度ではないでしょうか。

またファンの稼働の騒音もかなり減ります。

100%だとゴオオオオンって音がします。人がいる場合はかなりの騒音です。
音圧測ればよかったかなぁ。

とにかく温度もいいところまで下がりましたし、
めでたしめでたしっと。


  • マイナーの稼働率の制御したときのデメリット
とうぜんデメリットもあります。

マイナーの稼働率を下げるわけですから、計算スピードを下げるのと同じです。

それなので、

マイニングによって得られる報酬が減ります。

致し方ありません。
このパソコンもマイニングのために使用してるわけではないので、
パソコンのメンテナンスがめんどうです。

ちなみにハッシュ値は次のとおりになってます。
フルマイナー
制御なし。スレッドごとに0.5 khash/s

マイナス40マイナー
稼働率60%に制御。スレッドごとに約0.28 khash/s

計算量が変わっていることがわかるかと思います。

パソコンが大切なのか、マイニング報酬が大切なのかはよく考えた方がいいかもしれませんね!

  • まとめ
CPUはマイニング用に設計されたものではないので、パソコン部品にかなりの負荷がかかります。
それなので各自で管理しなければなりません。

わたしの場合はCPUの稼働率の制御を選びましたが、
ホコリの掃除などもオススメします。

CPU稼働率を選んだ人はとうぜん報酬の低下も理解しておいてくださいね!

↑このページのトップヘ