プレゼンテーション1


こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

現在イーサオンラインというブロックチェーンゲームをプレイ中で、この記事ではそのレポートです。

イーサオンラインって何?という方は以下の記事をご覧下さい。







わたしは予算をそこまで避けないため、ラッキードローのみでの報酬を狙っています。

結論からいいますと、
5月13日の午後に宝箱による10連ガチャ1回で0.09 ETHし、数回のクラフティングによりバトルパワーは766です。

またラッキードローの当選回数はまだ0回。


かなり遅いスタートとなってしまい、まだライトゲーマーでしかないのですが、5月17日の大型アップデートに期待しています。


イーサオンラインのクラフティング機能






実は1回引いただけなのに、同じアイテムが4つ出たんですね。

もう少し詳しくいえば、コモン×3、アンコモン×1です。

それなので、クラフティング機能にも手をつけられました!

DdDKn9iV0AAAr7Y


レア度の低いアイテムが被ってしまうことってありますよね。

イーサオンラインではクラフティング機能で同じアイテムも無駄にはなりません!

  • 同種コモン×2 + 0.003 ETH → アンコモン
  • 同種アンコモン×2 + 0.003 ETH → レア
  • 同種レア×3 + 0.005 ETH → エピック
  • 同種エピック×3 + 0.005 ETH → レジェンダリー

同じアイテムが重複してしまってもレア度をあげることができます!

もしマーケットがオープンすれば、
より同じアイテムを揃えやすくなり、レア度の高いアイテムも入手が容易になるかもしれません。

・注目すべきはラッキードローによる期待値

ラッキードローは確率で計算されるので、期待値も導くことができます。


Twitterでそのシミュレーションを作成して下さった方いらっしゃいました!
感謝極まりないです。

グラフ


わたしの場合、元が取れるのは約23回目のラッキードローだと予想されます。
つまり12日目ぐらいでは回収しているかも…。というところです。


懸念されることは5月17日のアップデートで、ラッキードローの仕組みが変わったりすることでしょうか。

マーケットでアイテムの売買などもできるので元は取れそうですが、
プレイヤーにとってはラッキードローは消えて欲しくないかなと思うところです。