title

こんにちは「すここのこ」といいます。

最近はdApps(分散型アプリケーション)のゲームを調べているのですが、
気になっている一つが「ERC721」です。

他にもERC20とERC223もよく出てきます。
ERC20とERC223については過去に書いたのでご覧ください~

関連記事1:ERC20とはなにか?Dappsを利用するために必要なこと

関連記事2:ERC223とはなにか?Dappsを利用するために必要なこと

  • ERC20、ERC223
ERC721を理解するためにはERC20とERC223を知っておく必要があります。

それなので、この記事でもERC20とERC223をまとめておきます。

ERC20は、

Ethereumのトークンを実装してもそれぞれの開発者で技術面が異なっており扱いにくかった問題点を解決するルールのことでした。

関係するERC223は、

ERC20にあったコントラクトアドレスに誤って送金してしまったときのトークンの消滅を解決する改善案です。

ERC20はEthereum初期のころからあったルールで後から改善案としてERC223が作られたといった具合です。

それでは、ERC721とは何なんでしょうか。

  • ERC721は「多様性」
ERC20、ERC223は代替可能(Fungible Token)、ERC721は代替不可能(Non-Fungible Token)というで言われます。

ただこの表現ものすごーくわかりづらかったんですよね…。

結論からいえば、

ERC721は「多様性」をプログラム上で実装できることだと考えています。

まずは比較対象としてERC20とERC223を上げます。
ERC20とERC223は代替可能なトークンと呼ばれているもので、

通貨で例えると、通貨の定義を満たしていれば
同じ価値を持つ通貨と交換が可能です。

それに対して、
ERC721は代わるものがどこにもない独自性を持たせることができます。

dAppsを有名にさせた「Cryptokitties」で例えてみましょう。
CryptoKittiesはERC721で実装されているブロックチェーンゲームです。

CryptoKittiesの特徴として
「2匹のネコから新たなネコを生む」
といった二つのことが可能なことが挙げられます。

つまり、親の遺伝子情報を子に引き継ぐことができるので、
独特なネコを作ることができるのです。

これは、
「多様性」がプログラム上で実装できたことと同じです。

ERC721はゲーム開発だけでなく、独創性なアプリの開発に大きく役割を果たすはずです。

  • まとめ
ERC721は「多様性」の実装であることを言及しました。

Ethereumの発展は目覚ましく、上記でも言ったようにゲーム開発やオリジナリティのあるアプリケーションの実装に貢献しています。

今後どのようなdAppsが生まれるのでしょうか?楽しみですね!