title


こんにちは「すここのこ」です。

最近閲覧権、所有権といった数に限りがある権限に注目しています。
これはブロックチェーン技術と非常に相性がいいんですよね。
今回利用したのは「とーくんぺーじ」。
下記でも述べるのですが、

「とーくんぺーじ」とは、
特定のトークンを持っている人のみが閲覧できるページを作成することができるコンテンツです。
URL:https://token-page.com/home

さて何がよいのか少し考えてみます。
  • とーくんぺーじ
上記でも述べましたが、
とーくんぺーじは特定のトークンを持っている人にしか閲覧権が与えられないようなページを作成することができるコンテンツです。


自分も上ツイートの某インフルエンサーの紹介の元、Yu Kimura氏(@ltd_exp_kyu)の
ブロックチェーン時代の貨幣論と記事を読ませていただいていただきました。

URL: https://yu-kimura.jp/2018/03/07/monetary-theory/




内容はもちろんここでは明かせません。(そわそわ)
この内容を1XEMで公開できるのはすごいです。

内容が知りたい方は、
上記のURLから閲覧権のもらい方が書かれているので試してみて下さい!(そわそわそわ)

ただ現在のところ「とーくんぺーじ」は、
NEMかMONAを持っていないとログインできないというのが壁になりますね。


さて、とーくんぺーじの何がよいのかまだ述べていません。
少し考えてみます。
  • アナログとデジタルの権限数
ここでアナログとデジタルでの権限の違いを考えてみます。
例えば従来の印刷された本を考えましょう。こちらはアナログですね。
その本は発行された部数だけ、ユーザーに売却可能です。
またその本は発行枚数を限度としていくつも購入することが可能です。
「読書用」
「保存用」
「観賞用」
といった具合に。いやーこの買い方は常識にとらわれていない感じが好きです。
そして「読書用」を使い終わった後は「中古」として販売することも可能です。

これらは発行枚数という「所有権」を数値で決定した時点から可能なアイデアです。

ここで電子書籍といったデジタルで比較してみます。
デジタルは劣化しないといった特徴があるため、「コピー」ができます。
そのコピーされたものはオリジナルと区別がほとんどわかりません。

それなのでこれまではデジタルは「権限」を生成することが不向きでした。
それに中古販売も難しいです。

しかし登場したのはブロックチェーン技術です。
この技術のおかげで、これから「所有権」「閲覧権」といった権限がデジタル上でも可能になるわけです。
「とーくんぺーじ」ではトークンを配布するという形で所有権を得ることができました。

  • まとめ
とーくんぺーじであれ、
デジタル的な権限が広まってくれればディベロッパーとユーザーの両者にメリットがあるような技術が広まればいいなと思っています。
ここ数年はまだ世間に理解されるのには時間はかかると思っていますが、
この分野には積極的なアタックを見せたいですね。