記事

こんにちは「すここのこ」です。
最近はDapps(分散型アプリケーション)のゲームを紹介しています。

今回はDappsの現在を追っていて感じることを書きます。

  • 続々と出現するDapps
Dappsはゲームだけでもイーサエモン、イーサクラフト、CryptoKittiesなどといったコンテンツが市場に現れてきました。

現在公開されているゲームについてのジャンルは、
「バトル」
「育成」
「カードゲーム」
「人物や物を写真にプリントしたものの販売」
が多いですね。

他にもゲームでないDappsは、暗号資産取引所といったマーケットなどがあります。
暗号資産取引所はDapps上で売買できるアイテム等を取引する場所ですね。


現在Dappsで公開されているアプリケーションは200を越えようとしています。
だいたい1日ごとに約5つぐらいは増えている勢いです。

しかし我々日本人から見れば、
日本は仮想通貨の取引が世界でもトップを占めているにもかかわらず
日本からのDappsはまだ進出していないということ。

でも、

とあるように、
間違いなく日本でも開発する動きはあります。
面白くなってきました。


実は自分も単独でDappsの開発を試みています。実現できるかわかりませんが…。

これからDappsゲームを追うことが徐徐に厳しくなりますが、そのときはそのときで考えます。

今後の動きが楽しみですね。待ちより行動です!