マイニング
仮想通貨を入手する現在の主流は、

  • 取引所で法定通貨とトレード
  • マイニング

本ブログではDapps(分散型アプリケーション)を多く書いてますが、
Dappsを利用すれば仮想通貨を入手する方法は多岐にわたるでしょう。

ただ従来の方法も紹介したいと思うので、
今回はProof-of-work(PoW)マイニングについて書きます。
マイニングは簡単に言ってしまえば、
暗号を総当たり検証し、解けた人に報酬が与えられるという仕組みですね。


今回はマイニングの方法について。

マイニングの方法は、

ソロマイニング:1人でマイニングする方法
プールマイニング:複数人でマイニングし、報酬をシェアする方法


があります。モナコインやBitzenyは手順が他のサイトでもよく紹介されており、参入しやすいです。

さて、
なぜこの2種類の堀り方なのか?
どちらの方法でマイニングした方がいいのか?
見ていきましょう。

  • ソロマイニング
ソロマイニングは1人でマイニングする方法なので報酬は1人でもらえます。
誰とも共有をしないので、専用のマイナー(採掘者)ソフトウェアさえあればすぐに掘ることができます。

しかしマシンの計算量(ハッシュレート)が小さいと解を見つけるのにとてつもない時間がかかります。
冒頭の画像のようなマイニングファームの施設であればよい頻度で報酬がもらえるのではないでしょうか。

  • プールマイニング
複数人で解を見つけるので比較的早く解を見つけることができる。
それなのでハッシュレートが弱くても早く報酬がもらうことができます。

しかしその報酬は分配されます。おそらくですが、分配量は均等ではないでしょう。ハッシュレートに依存するのでしょうか。
しかもプールを提供しているため、
多少の手数料を支払う必要があることや、
プールのサーバーが不安定になるとマイニングが中断してしまいます。

  • 大きな共通点
この二つでは共通することがあるのは、

報酬の期待値(平均値)が同じであることです

つまり長期間マイニングを続けると報酬額はソロとプールで同じになることです。
しかし、プールのサーバーの中断などを加味するとソロマイニングが少しだけ報酬額は多くなるのでしょうか。でもその影響は少額でしょう。

ただこの「長期間」が非常に長いのです。

聞いた話だと一般家庭向けマシンだと、
ソロマイニングで報酬がもらえるのは2~3ヶ月に一回であるとか。
1日だけ試したことがありますが一切もらえませんでした。
実測で、ソロマイニングを1日だけ試したことがありますが一切もらえませんでした。
プールマイニングなら1日に数回報酬がもらえます。

  • まとめ
これはもうモチベーションの違いになります。
いつ報酬を回収するかにもよると思います。
ハッシュレートが強烈に高いマイニング専用機であれば、
ソロマイニングでも早く報酬が回収できるのではないでしょうか。
一般家庭向けのGPU、CPUでは正直報酬がもらえるかわかりません。

ちなみに自分は一般家庭向けのGPU、CPUなので
プールマイニングでマイニングしています。

記事も書くときはプールマイニングで紹介しようと思います。