title


こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

今回は日本発のブロックチェーンカードゲームの「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」について紹介します!
2

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは?

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは日本発のブロックチェーンゲームの一つで、ブロックチェーン技術を利用したカードゲームです。

またクリプトスペルズは「CryptoGames.inc」とよばれる日本発で世界を代表する仮想通貨ゲームをつくる方針の会社が運営しています。

βリリース時には300種類程度のカードゲームの発行が予定されています。発行開始としては結構多めかなと思ってます。

このカードゲームでは
  • 入手したカードのトレード
  • カードの発行枚数の可視化
  • 賞金付きのゲーム大会の定期開催
の3つが注目されています。

1


特にカードの発行枚数の可視化はブロックチェーンの性質が現れており、カードゲームにブロックチェーンを導入するメリットをクリプトスペルズは示してくれています!

なぜブロックチェーンとカードゲームなのか?発行枚数は新たな可能性

カードゲーム


ブロックチェーン技術を利用するとデジタル資産に価値がつくので、資産自体に個数が制限されます

もし価値がなかったら、ただのデータなので無限にコピーできてしまいます

クリプトスペルズのようにカードゲームを例にとると、カード一枚に発行枚数を制限します。
発行枚数が多ければ多いほど、そのカードの価値は下がります。誰もがたくさんそのカードを持っていることを意味することと同じです。

逆に発行枚数がとても少なかったとしましょう。1枚とか2枚とか。
希少性が高くなるので、そのカードの価値が高くなります

カードゲームをお店とかで購入したことがある方ならわかっていただけると思うのですが、
レアカードって単体で買うと高いですよね?あれは希少性を表しているからです。
上記のことは紙に印刷したアナログのものでしたが、ブロックチェーン技術を用いればデジタルデータとしてそれを再現できるのです!

クリプトスペルズではそれが再現されているのです。従来のカードゲームをコンピュータに移植したイメージですね。

クリプトスペルズの最新情報

クリプトスペルズはまだ開発中のブロックチェーンゲームです。

カードゲームはブロックチェーン技術と相性があっていると考えられるため、注目したいところです!

興味を持たれた方は以下から情報を追ってみましょう!

Twitter:https://twitter.com/crypto_spells

Facebook:https://www.facebook.com/Crypto-Spells-170633786978813/

クリプトスペルズ 公式

CryptoGames.inc 公式

title




こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

わたし自身は学生の立場でして、就職された先輩方の話を聞きましたのですが、

新人研修で人間関係のために毎日飲み会をしてもらった給料がなくなったとかなんとか。

飲み会は絶対ではないということだったんですけど、給与がなくなるまでっていうのは何か変です。

この真意の詳細は聞けなかったんですけど、

  • 人間関係で飲み会が好きだから好意で毎日行っている
  • 飲み会に断れない状況がある

という意見が対局します。

お酒を飲むことが好きな人は当然いるので、そのような方は飲み会を有意義に使い、そして価値があると思ってお金を使ってるんだと思います。

このことに関してはわたしも何もいえません。

問題は「給料がなくなった」と発言しているところだと思うんです。

毎日飲み会が楽しいと思うならそんなことは言わないでしょう。

これ明らかに飲み会に断れない状況があるってことですよね。

もっと言ってしまえば個人間ではなく会社の権利を用いたアルコールハラスメントですよね?

それでせっかく苦労して働いたお金が消えてるなんて前代未聞じゃないですか…。




ちなみにわたしは飲み会は生産的で、価値のあるものだけ行く感じですね。
別に飲み会自体が悪いことではないと思ってます。

でも、毎日は嫌ですね…。毎日って自分も相手も同じことしか喋らないでしょう。

生産的で価値のあることが大事なんです。飲み会に限らずコミュニケーションって。

title

こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。

ブログ界隈ではSteem(スティーム)ALIS(アリス)でブロックチェーン技術が注目されていますね!

今回は日本発でもあるブロックチェーンを用いたソーシャルメディア「LuckyMe」について紹介します。

LuckyMeとは?

LuckyMeとは株式会社Good Luck 3が開発しているブロックチェーン技術を導入したソーシャルメディアです。

LuckyMe」は良質な記事と良質な評価に対して報酬として、独自トークンのLUCKCOINが付与される仕組みです。

簡単にいってしまうと従来のブログにブロックチェーン技術が組み込まれているようなイメージですね。


luckymelogo

ソーシャルメディアの今までの課題は、
  • 検索エンジンやSNSといった、一部の人の評価で決まってしまう
  • 良質な記事が評価されにくい
ということが挙げられています。

検索エンジンは例えばGoogleが用意しているアルゴリズムで決まってしまいますから、そのシステムはブラックボックス状態です。
SNSもインフルエンサーの信頼による拡散により決まってしまいます。

つまり、一般の人が記事を評価できないという状況があります。

そして、良質な記事を投稿したにもかかわらず評価されない投稿者にも不利益な状況です。


この課題を解決する技術となろうとしてるのはブロックチェーンです。

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはSteemとALISが有名になりましたが、
今回紹介するLuckyMeにも注目したいところです!

LuckyMeと他のソーシャルメディアとの違い

ブロックチェーンを用いたソーシャルメディアはすでにリリースされたものがいくつかあり、差別化は重要なポイントです。


一つは、さまざまなメディアへ組み込むことができるように設計しているようなので、
LuckyMeのLUCKCOINはあらゆるメディアに浸透して、経済圏を広げるであろうとされています。

あと、わかりやすい違いは、
Steemでは用いられる暗号通貨はSteem、Steem Power、Steem Dollarsの3種類あることが非常にややこしいことです

Steemではそれぞれ別の用途で扱われていますが、正直ユーザーにとってはあまり関係のないことだと思います
よりシンプルに取り扱うほうが、参入者にも易しいです。

そしてすでにリリースされたブロックチェーンが用いられたソーシャルメディアのALISとの差別化が日本に広がるカギを握っているはずなので、これからもLuckyMeに注目したいところです。

株式会社Good Luck 3とは?

Good Luck3はスマートフォン向けアプリの共同開発などを行っている株式会社です。



またLcukyMeのようにブロックチェーン技術にも注目しているようで、

LuckyMeと同様に注目すべきなのが、ブロックチェーンゲームである「くりぷ豚」です。

000


くりぷ豚については以下の記事で紹介していますのでご覧ください!
関連記事:日本発のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」とは?

LuckyMeの最新情報

LuckyMeも現在開発中です。興味をもたれた方は以下から入手してみてはいかがでしょうか。



↑このページのトップヘ