こんにちは!「すの@VurCur)」です。

ブロックチェーンゲームをプレイしていると、一般ユーザーがプレイするには難しい単語がたくさん出てきます。

特によく見るのは、dAppsという単語ではないでしょうか。読みもよくわかりませんよね。

でもブロックチェーンのアプリケーションを利用する上ではdAppsはかなり重要な単語です。


この記事ではdAppsとは何かを解説します!

dAppsとは何か?その定義は。

dAppsはDecentralized Applicationsの略です。

分散型という意味のDecentralizedの頭文字"D"と、アプリケーションの"app"に複数の"s"を付けた単語です。

日本語では分散型アプリケーションといいます。

Dapps、DApps…、と行った表記も見ますが意味は崩れないのでどれでも問題ありません。
dAppsの表記をよくみるので、わたしはdAppsを採用してます。

あと読み方は「ディーアップス」もしくは「ダップス」です。
これもまたどちらでも問題ありません。


それでは分散型アプリケーションの定義はなんでしょうか??

dAppsに投資するDavid JonstonのVCファンドによる定義[1]を採用します。
①アプリケーションは、オープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。トークン、データ、レコード、などにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

②アプリケーションは、オープンに流通可能な、暗号トークンを持っていること。アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者には、そのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

③アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善は、ユーザーのコンセンサスによること。

とはいえ、初めてブロックチェーンゲームを触ってみたという方には難しいですよね。

慣れないうちは「ブロックチェーンを使ったアプリケーション」ぐらいでいいかなと思います。

もう少し正確にいえば、「ユーザーによって分岐することが可能なアプリケーション」と解釈するとよいそうです[2]。

dAppsの例、ビットコインもその一つ

dAppsの例としてよくいわれるアプリケーションがビットコインです。

ビットコインは根幹にあるブロックチェーン技術を用いて作られた通貨で、ビットコインキャッシュといったものに分岐してます。

folk

それなのでdAppsはかなり広い意味であることがわかると思います。

ブロックチェーンゲームでのdAppsの例

正確に言った方とは理解しがたいかも知れません。でも広い意味でブロックチェーンを使ったアプリケーションをdAppsというならば、ブロックチェーン技術が使われたゲームはすべてdAppsであるといえます!

ブロックチェーンゲームのことをdAppsゲームという方もいますが、意味は同じですね。

一つ例にとれば、初のブロックチェーンゲームとして有名なCryptoKittiesです!

cryptokitties


このゲームは仮想通貨イーサリアムのプラットフォームで動き、スマートコントラクトとよばれる自動契約の技術によって仮想的な資産の売買などができます。

現在でも多くのブロックチェーンゲームがこの形式をとっています。


dAppsはゲームに限らず、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションならばかなり広い意味で用いられることがビットコインの例からもわかります。

dAppsの定義は難しいですが、ゲームといったdAppsを実際に触ってみてそのすごさを実感するのが一番だと思います。



引用:
[1]DAPPS (非中央集権・分散型アプリケーション)とは何か?なぜ重要か?
[2]【解説】「dapps」の定義とマネタイズ事例を淡々とまとめるよ。







こんにちは!「すの@VurCur)」です。

最近は進路に悩んでおります。まだ考えがまとまってませんのでご容赦。


今大学院生で研究もしていますが、正直今しようとしている研究に違和感を覚えています。

研究はモチベーションが大切なのに、興味が薄れてしまって残り2年も続けられません。

その背景には金銭とメンタルが持つかどうかへの不安があります。

それを払拭しない限りは今の自分を続けられないと思っています。


だから休学について考え始めています。

特に金銭面を何とかしたいため、自分でビジネスをして収益を得たいんですよね。


学生という立場は非常に有効です。社会的な保障がありますからね。

フリーで働くか組織で働くか、それとも休学か

フリーで働いていくのと、組織に属して働いていくのとではずいぶんと社会的身分の保障が変わります。

例えば、有名な組織に属せば世間的に認められた立場になりますよね。

逆にフリーになると、胡散臭いと思われがちです。
何をしているか一目ではわかりませんからね。

でもフリーは、好きなことができます。
これがわたしにとっては特に魅力的です。

もしくはフリー並みに自分のしたいことができて、組織には属している…とか。
法人化とかいい例かもしれません。


そして何よりわたしは幸運なことに学生の立場です。

しかも学生の休学はフリー+組織という両方の性質を持ち合わせています

これは利用する手はないですよね。


しかし、休学する一貫性をもった理由が必要になります。

これは学校側に休学を認められるために考えているのではなく、
自分にストーリー性があるかどうか、自分が死んでしまう前に人生が幸せだったかどうかをじっくりと考える必要があります。


わたしごとですが、この答えを今年8月~9月には出したいですね。

3か月も耐えるのはかなり骨が折れますが、頑張ってみます。




こんにちは!「すの(@VurCur)」です。今回はVR関連の話題。

ちらっとつぶやいた上のツイートですが、わたしにとって結構重要な動きなんです。

最近ちょっと自分のツイートの頻度が低くなりつつあって、その背景をご説明すると

わたくしVR界隈に実は潜んでおりまして、「VRChat」というものにお熱なのです…。

そして、この前の飲み会の話をしたので、
この記事ではVRChatに関する「バーチャル飲み会」というものを説明します。

そもそもVRChatとは?


読者の方はご存知でないかもしれませんのでざっくりと説明です。

VRChatとは、仮想空間上でコミュニケーションをとることができるVRネットワークサービスです。

VRchat1
VRと書かれていますが、実はVRでなくてもデスクトップ環境でプレイできます。

コミュニケーション方法としては特殊なワールドを除いて「ボイス」のみです。それなので、普通に英語やその他の言語が飛び交います。

サービスの開始は2017年2月1日ですが、日本人の人口が増えたのはバーチャルyoutuberブームの2017年12月~現在あたりだと思います。
プレイヤーピークは3月~4月ぐらいかなと思っています。

どのような人がプレイしているかというと、前提としてVRChatは敷居が高いです。
それなので、技術力をある程度あり、サブカルチャーに関心があって、行動力をある程度持っているような人が集まっている傾向があります

バーチャル飲み会


VRChatではいろいろな文化ができつつあります。

その中でもバーチャル飲み会というものがあって、参加しました!

実際の飲み会と異なることは、自分でお酒と食べ物を準備するために以下のようなメリットがあります。
  • 参加も強制されることはない
  • 自分で費用を調整できるため、安く設定できるし、高くもできる
  • 趣味が似ている集団のため、話題が楽しい
  • アルコールハラスメントされることがまずない

デメリットは、
  • 相手がどのような人か見た目ではわからない

ということぐらいですかね。でも趣味が似ていることが大前提なのでほとんどデメリットがないんです。

バーチャル飲み会楽しいですよ!


面白そう!って思ってくれるのが最高なのですが、
ただVRChatを始めるのは体感でも敷居が高いので、本気でやってみようと思わないといけないかもしれません。

まだ一般に広まるのには時間がかかるかもしれませんね。


読者向けコメント


読者(ブロックチェーンゲーム界隈)の方向けの記事なので、こんなことが世の中で動いているんだなーと思ってもらえればいいなぐらいで今は問題ないと思います。

もし、読者の方でVRChatをしているって方がもしかしたら…いるかもしれません。

ちょっと考えがあるため、まだIDは公開しません。

もし一緒にプレイしよう!という方がいれば個人的に「@VurCur」にDMしていただけると、わたしの声も聴くことができます!

わたしの声…需要あるかなぁ。

↑このページのトップヘ