プレゼンテーション1

こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

いや、焦りました。windows10が起動しなくなったのです!



そして残高やデジタル資産が残っているMetaMaskのアカウントも巻き添えになりました。

焦りますよ!夜も眠れませんでした。

ということで、今回はパソコンの故障や買い替えでMetaMaskを復元する方法をご紹介します。

といってもそんなに難しくはないですよ!

MetaMaskの復元方法


注意!

復元したいアカウントがある場合、新規登録する際の12フレーズで構成されていたseedをもっていることが大前提です!

また秘密鍵をひかえている場合は、それでも復元できます。ここでは扱いません。

逆にseedさえ持っていれば焦らなくて大丈夫です。

MetaMask新規登録時にseedをひかえていることを願っています。


さて復元方法に移りましょう!

MetaMaskを登録後、ログアウトすると以下のようにパスワード入力画面が現れます。

Screenshot from 2018-05-16 22-06-28


このとき、パスワードを入力するのではなく、

Restore from seed phrase」をクリックしましょう。

次の画面が出ますので、ひかえているseedと新しいパスワードを決定します。

Screenshot from 2018-05-16 23-01-55


通常のアプリケーションではIDとパスワードで別のパソコンでログインできることが多いですが、

MetamaskはSeedによって別のパソコンでログインするかたちを取るようです。

通常のログインとMetaMaskは仕様が違いますが、大丈夫です。

これでログインできます。

見覚えのある残高が現われれば成功です!安心しました。


あと他にも秘密鍵を残している場合でも復旧が可能です。

でもたいていの場合、新規登録するときに残しているseedで復元作業すると思いますが、バックアップにもなるので、またご紹介するかと思います!

プレゼンテーション1


こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

現在イーサオンラインというブロックチェーンゲームをプレイ中で、この記事ではそのレポートです。

イーサオンラインって何?という方は以下の記事をご覧下さい。







わたしは予算をそこまで避けないため、ラッキードローのみでの報酬を狙っています。

結論からいいますと、
5月13日の午後に宝箱による10連ガチャ1回で0.09 ETHし、数回のクラフティングによりバトルパワーは766です。

またラッキードローの当選回数はまだ0回。


かなり遅いスタートとなってしまい、まだライトゲーマーでしかないのですが、5月17日の大型アップデートに期待しています。


イーサオンラインのクラフティング機能






実は1回引いただけなのに、同じアイテムが4つ出たんですね。

もう少し詳しくいえば、コモン×3、アンコモン×1です。

それなので、クラフティング機能にも手をつけられました!

DdDKn9iV0AAAr7Y


レア度の低いアイテムが被ってしまうことってありますよね。

イーサオンラインではクラフティング機能で同じアイテムも無駄にはなりません!

  • 同種コモン×2 + 0.003 ETH → アンコモン
  • 同種アンコモン×2 + 0.003 ETH → レア
  • 同種レア×3 + 0.005 ETH → エピック
  • 同種エピック×3 + 0.005 ETH → レジェンダリー

同じアイテムが重複してしまってもレア度をあげることができます!

もしマーケットがオープンすれば、
より同じアイテムを揃えやすくなり、レア度の高いアイテムも入手が容易になるかもしれません。

・注目すべきはラッキードローによる期待値

ラッキードローは確率で計算されるので、期待値も導くことができます。


Twitterでそのシミュレーションを作成して下さった方いらっしゃいました!
感謝極まりないです。

グラフ


わたしの場合、元が取れるのは約23回目のラッキードローだと予想されます。
つまり12日目ぐらいでは回収しているかも…。というところです。


懸念されることは5月17日のアップデートで、ラッキードローの仕組みが変わったりすることでしょうか。

マーケットでアイテムの売買などもできるので元は取れそうですが、
プレイヤーにとってはラッキードローは消えて欲しくないかなと思うところです。

こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

わたしが普段使っていたノートパソコンが急に悲鳴を上げ始めたのです…。
DSC_0080

ちなみにこの記事では絶賛復旧中で、解決には至っていません!このようになってしまった報告程度の記事です。


スペック


ざっくりとしたスペックは以下の通り。
Lenovo yoga 2 11 製品仕様書
・windows10 64bit
・CPU:     インテルR PentiumR プロセッサー N3520 (2.166GHz)
・メモリ:4GB(4GBx1)(PC3-10600 DDR3L SDRAM) / 4GB

購入したのは3年前ですね。

本体重量1.3kgと比較的軽めで、値段もリーズナブルだったので購入しました。


ただこのノートパソコンは購入した当初からどーも癖があったのです。

HDDの温度が常時40度~50度ぐらいで排熱ができてなかったり、動作がときどき不安定だったりと、ストレスがたまってました。

そしてつい最近エラーを訴えました。

前兆としては動画を見てたらフリーズしたことですね。

windows10で「PCが正常に起動しませんでした」もしくは「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示される

windows10の場合だと以下のような画面になります。
DSC_0090


修復作業に入るのですが、
回復ドライブやリカバリーディスクを作成してなかった、復元ポイントを作成してなかったことは大きな失態でした。
それなので、試すことができたことは、

  • スタートアップの修復 (2~3回試すと起動できる場合がある)
  • コマンドプロンプトからのCHKDSK c:/rのコマンド

しかしどちらも上手く行かず、お手上げです。


残された選択肢は、windows内の初期化でした。

初期化にも二つのパターンがあり、

  • 個人用ファイルを保持する
  • すべて削除する

とする方法です。

DSC_0091


もちろん個人用ファイルを残しておきたいこともあり、上の選択肢を選びますが…。

DSC_0085


何かが引っかかってるようで、個人用ファイルを保持しての初期化はできませんでした。

もう、「すべて削除する」選択肢しかない。と思いました。諦めムードです…。

救いとしては、デュアルブートでubuntuを入れていたため、そこから自分のデータを抽出できたことですね。

以下のような選択肢が出てくるので、ubuntu側のドライブを削除してはいけないので、
windowsがインストールされているドライブのみ」を選択します。

DSC_0092


とくにこだわりがなければ指示通り「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択

DSC_0093


工場出荷状態へ。さようなら。

と思ったら…。
DSC_0098




現在ここで止まってます。これwindows10を起動できなくなるパターンじゃ…。

今回のまとめ、反省点


何が起こってもいいために、
  • 回復ドライブ、リカバリーディスクの作成
  • 復元ポイントの作成
をすることを心がけないといけませんね。

救いは、ubuntuをデュアルブートしてて、windows側にあったファイルをubuntu側に移植できたことでしょうか。

デュアルブートは誰でもしていることではないので、上記の2つを必ず行っておくことでしょうかね…。

と反省したいたらこんなツイートをいただきました。


windowsやばい

↑このページのトップヘ