こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

わたしは教育についても関心がありまして、次のツイートが流れてきて共感しました。



「一方的に与えられた情報は10%しか頭に残らない」ということで、思い当たるデータがありました。

文部科学省平成18年度版「人々とともにある科学技術とそれを支える人材」に我が国における科学技術リテラシー、科学技術への関心の状況に大人の科学技術に関する理解度と子どもの学力というグラフがありました。

グラフが気になる場合は、以下の文部科学省のページにある1-2-54図で、縦軸が大人の科学への理解度、横軸が子どもの学力のグラフです。

文部科学省:人々とともにある科学技術とそれを支える人材


理想的な解釈だと、
  • 子どもの学力が高いほど大人の科学への関心も高い
または
  • 子どもの学力が低いほど大人の科学への関心は低い
と見るべきでしょう。各国では間違いなく理想的な結果が出ています。

でも日本は異常で、「子どもの学力は高いにも関わらず、大人の科学への理解度は低い」となっているのです。

プレゼンテーション1


わたしのようによくわからない進学校へ入学してしまった立場としては、受験勉強ばかりが先走りすぎた指導をさせられていたように思えます。

まさしく生徒が考える暇が無い一方的な教育が現在でもされているということなんでしょうね…。

計算能力や記憶能力は圧倒的に機械が早いんですから、そんなものを訓練したって仕方ないんです。

人間にしかできない創作的、課題解決的な能力を教育させないとテクノロジーに負けてしまいます。


この文科省のデータは平成18年のものですが、日本の教育はまだまだ変わりそうにないですね。

title


こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

この記事ではCrypto And Dragons(クリプトアンドドラゴンズ)のデモ版から攻略を探ってみます!

Crypto And Dragons(クリプトアンドドラゴンズ)を攻略しよう!

デモプレイからクリプトアンドドラゴンズの攻略をしてみましょう!

モンスターの特徴

モンスターにはそれぞれ「ステータス」、「属性」、「4つのスキル」を持っています。

ステータスは、
  • HP 体力
  • ATK 攻撃力
  • DEF 防御力
  • MATK 魔法攻撃力
  • MDEF 魔法防御力
  • SPEED 素早さ
の6種類で決定します。

またモンスターは属性をもっており、相手によって抵抗属性と弱点属性が決まります。
タイプ相性を考えなければなりません!


そしてモンスターには4つのスキルをもっています。

スキルの持つ特徴としては、
  • 威力:相手に与えるパラメータ
  • 効果:回復、ステータスアップ、状態異常といったオプション効果
  • リチャージ:戦闘で再び使えるようになる数値
があります。

skill4

特にリチャージについては、バトル時ではなく、アタックスロットで調整できます

例えば、下の画像の場合、ファイアボールを1番目のアタックスロットに入れたとします。

ファイアボールのリチャージは3なので、次にファイアボールをスロットに入れられるのは4番目か5番目となります。

slot_fin

それなので、一度使ったらもうスキルは使えないというわけではないのでご注意を!

戦闘準備

prepare


まず戦闘準備の基本的な事項は、
  • それぞれのチームのモンスターは最大3体
  • モンスターの4つのスキルのうち、1つ選び、5つのアタックスロットに入れる
です。

モンスターは人によっては1体、2体しか持っていない場合があるので、最大3体という表現をしました。

モンスターにはそれぞれ最大4つのスキルをもっており、どれか1つ選び、5つのアタックスロットを埋めます。


特に理解しておきたいのは、上記でも説明したリチャージです。
一度使うと文字が黒くなり使えなくなるように見えますが、リチャージを考慮すれば再び使えるようになります!

recharge1

戦略としてはリチャージの理解、相手の弱点属性と抵抗属性を考えることと補助スキルをどう組み込むかでしょう。

バトル

バトルです!

基本的にはタップして戦闘が進みます。

battle


こちらからの操作はほとんどできず、戦闘準備でどのようにスキルや自分のモンスターをセッティングするかで勝敗が決まります。

相手は何をアタックスロットに入れているかわかりませんし、戦闘ではクリティカルなども存在しているので、戦闘準備の方で最善策を尽くしましょう!



プレゼンテーション1





こんにちは!「すの(@VurCur)」です。

イーサオンラインは5月17日にアップデートが来ました。

DdZpO7qUQAAswmL.jpg large


その内容の中には、注目されていたラッキードローの条件の変更も。

今までは、

バトルパワーが650を超えている人の中で10名に報酬

だったのが、今回のアップデートで

100人目のプレイヤーのバトルパワーが次のラッキードローの新たな条件となる。

となります。

つまり、バトルパワーのランキングで100番目以内に入っていれば報酬があがる確率は大幅にあがります。

今回のアップデートで課金をすればするほど安定してラッキードローに参加できるということですね。

このアップデートにより課金者が増え、ラッキドローでのプレイヤーの還元率も高くなります。

・低投資勢の行方は。





しかし問題なのは、低投資でラッキードローを狙っていた人はかなり悲観的なアップデートだということがわかります。

わたしも低投資勢なのでかなり痛手でした。


でもまだゲームすら始まっていないこのブロックチェーンゲーム。

今回のアップデートでマーケットも実装されて、使わないアイテムにも需要が出てきました。

判断はゲーム性を見てからでもいいかもしれません。

↑このページのトップヘ